こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

こんな猛暑じゃ自宅で飲まなきゃやってられない

 

 

居酒屋ではご飯を食べてからお酒を飲む。

 

食後のコーヒーみたいなものとしてのポジションだ。

 

 

外で飲めば家へ帰るという意識のせいか、

そこまで酔うことはない。

話に夢中になるよりかは

食べるのに夢中になるタイプだ。

 

しかし、

家で飲むと安心感のせいかすぐに酔ってしまう。

 

 

このご時世、

ゆっくり家で飲む方が多くなった。

定番メニューから変化球まで、

お店しか食べれないものもあるのので

嬉しいような悲しいような。 

 

やはり家で飲むときは

食事をしてからもあるし

お手軽でみんなが食べれるおつまみが良い。

 

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

f:id:tanonobu:20200811193354j:plain

 

 

家で飲みながら夫婦で語る人はいるだろうか?

 

 

奥さんはお酒に弱いし好きな方ではない。

けれど梅酒は好きなので毎年漬けている。

 

炭酸で割って飲んでいるが、

味が濃いとオレンジジュースを入れて飲む。

 

梅の立場はどうなる・・・。

 

酔うと思考が停止するタイプなので

大事な話をすることがない。

 

飲みながら語ってみたいものだ。

 

 

 

昔はゆっくり飲む時間があったが

今は週末のみご飯を作る片手間に飲む。

 

そして夕食を食べ終わったら

午後8時まではデザートタイム。

 

この暑さ、

冷房が効いた部屋でゆっくり飲みたい。

 

 

するめさきいか、いかくん、イカ天・・・

お手軽に済ますと全部イカイカはすごい。

 

そんな時必ず子どもたちが

数秒間ほど肩を揉んでくれる。

 

それからつまみ食い。

酒を飲む親を持つと、

子どもがおつまみを好きになる。

間違いない。

 

 

たまに午後8時を回ったり

日によって飲む時間も変わるが

やはりあっさりしたものが食べたい。

 

 

キンキンに冷やしたキャベツ。

少し凍ってるくらいでも良い。

味噌と豆板醤を混ぜたものを

レンジでチンしてつけて食べる。

 

そしてなめろう

新鮮なアジ、塩こん部長、味噌を混ぜて切り刻む。

これはご飯のおかずになってしまった。

 

 

そしてきゅうり。

しそを刻んで味噌と混ぜてから食べる。

 

軽く塩を揉み込み「炙って」から食べる。

夏にぴったり。

 

ご飯を作りながらでも簡単だ。

 

 

 

ふとお弁当から始めた食べ合わせ

 

プチトマトと梅干

 

いつもチューハイか

ウイスキーなどの炭酸割を飲むので、

イカ系のおつまみだと少し臭みが残ってしまう。

 

しかし野菜系だとお酒の味が引き立つ。(気がする)

気分はもう美味しんぼだ。

 

塩分には気をつけるとして。健康にも良い。(はず)

プチトマトは味気ないのが多い。

 

※個人の意見です

 

 

それを口に入れてから梅干をかじる。

直接ノンオイルシソドレッシングを飲んでる感じである。

 

 

子どもたちの夏休み、

うちにいるときの熱中症対策もなる。

塩きゅうりと、プチトマト梅干。

 

うちにいても冷房が効かなくて

汗をかいているうちでしか流行ってないだろうがお勧めしたい。

 

 

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

tanonobu.hatenablog.com