こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

無料ブログのアフィリエイトと企画書は似ている。

 

 

初心者の無料はてなブロガー、

ここ数か月はギリギリ4桁に到達。

簡単登録のA8net様のみ利用しています。

 

ブログ開始1年後にやっとホワイトランク。

成果発生もそうですが、

成果確定までも長い道のりです。

 

 

 

 

 

アフィリエイトブログの書き方

それも必要とは思いますが、

私的には華やかなに見えるブログだと

ついついポチっています。

もちろん魅力的な商品に限りますが。

 

ブログを始めるまで

アフィリエイトも全く知りませんでした。

 

ブログを始めると

やはり誰かのところから

購入したくなるのが性というもの。

 

(色々なことは置いといて)

 

協力とかではないですが

誰かのためになる、ついで、ですね。

 

 

(ワンコインですが)

かなり成果好調だった記事。

(数日経つと成果は不明になりますが)

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

今でも少し検索にも引っかかるので

まだ成果が上がっているのかもしれません。

 

積み重ねとは言いますが

アクセス数によるところが大きいでしょう。

 

どこからの流入が多くて

どこに向けて考えるかが悩みどころ。

永久に使える物って限られますし

それを記事にするのも大変ですよね。

 

 

記事の中にある商品、

自分はほとんどクリックしないのですが

記事の内容次第というか狙いというか。

(大体そうでしょう)

 

 

長い記事で飽きて途中で離脱。

そんなイメージでした。

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

やはり検索からも

アクセスがありますが

同記事により離脱が多いです。

 

クリックが多いですが

成果までは発生しない感じ。

イメージの先がまだまだ考えどころ。

 

 

ブログやアフィリエイト

自分の身になりますが

これが仕事になると一変します。

 

企画書はブログと同じように

自分の考えることを文字に起こさなければなりません。

 

そのうち自分の身になるでしょうが

採用云々もありますが

手あたり次第に書き殴った文章を

校正するのは(素人の)上司。

 

悪い人ではないのですが

素人の自分が見ても

禁則処理的なことだったり

へりくだりすぎていたり

全体に文章が幼くなっていたり。

 

これを先方に出してダメ出しを食らい

また訂正するのは自分なわけですし

それなら校正して欲しくないわけで。

 

 

ブログでも同じことで

悩んでる方がいると思います。

 

せっかく書いた文章を

自分で評価し校正しようとする。

先方(読者)の評価は未知数で良い。

言われたら(アクセスが少なかったら)直す。

 

全員が納得する物は難しいので

少数派であろうと、その中の多数派を目指す。

 

そういったことを

会社で言ったところで

何言ってんだコイツ。

 

ブログを書いている人は

書いている人しか分からないことを

感じ得ることができるのですが

仕事に役に立ちそうもありません。

 

それこそ、

自分で書けば?

そう言いたいものです。

 

 

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

tanonobu.hatenablog.com