こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

地球でトップ3に入るぐらいポジティブなism

 

地球でポジティブな人物は

生存している人だとしても

あと二人は分からない。

 

 

日本の芸能人に限れば

残り二人は、

プロ野球選手の新庄さん

明石家さんまさん

だろうか?

 

 

見知らぬ一般人で

よりポジティブな人もいるだろう。

 

よく言われる、

クラスの人気者が

お笑いになっても面白くない。

根暗だった人の方が面白くなる。

 

それに似たようなことで

生まれてからずっとポジティブだと

やはり頭のネジが外れているのだと思ってしまう。

 

ポジティブな思考、

自分らしさというのは

周りの環境が作るものではなかろうか?

 

 

 

 

 

f:id:tanonobu:20200624210531j:plain

 

 

クラスの人気者が一発ギャグをする。

 

面白いかどうかは置いておく。

近しい者ならば爆笑するはず。

その近しい人も笑うかもしれない。

 

笑わなければならない空気

 

そんな連鎖が続いているだけ、

それを繰り返しているだけのノリ。

 

どちらかというと面白い、

というよりクラスの

時間・場・人的な繋ぎ。

前説のようなものだろう。

 

誰もが小さい頃は神童と呼ばれる。

ここで面白くないと言えない雰囲気が

その芸風を固定させ進歩が止まるのだ。

 

 

 

そういったところから

派生したものがいるかもしれない。

 

誰かの教えを学び

その教えを守っていたり受け継いでいたり。

 

お前は森で

私はタタラ場を守ろう的な。

 

 

 

例えばT君がいたとしよう。

電車で友だちのM君に面白い話を

身振り手振り、大きな声で語っている。

 

M君は大爆笑。

しかし、

電車に乗っている人たちは迷惑と感じる。

 

 

先ほどM君は女性に振られてしまった。

なのでT君は元気づけようと

思いつく限りの笑い話をしていたのだ。

 

携帯電話で話すわけでもなく

人とぶつかるわけでもなく二人で話しているだけ。

 

ただM君の笑顔が見たいからー

 

 

しかし、

側にいるだけでも

励ましてあげるだけでも

元気づけるのは今でなくてもよかったはず。

 

お互いの関係性は二人しか分からない。

 

車両の中の雰囲気は、

うるさく迷惑な二人と思っているだろう。

 

 

何と友だち思いな若者か

 

その傍らで話を聞き頷く誰か。 

見知らぬ誰かの言葉ですら胸に刺さる。

 

知っている、それも好きな人であれば

聞いた人たちが解釈すればいい。

嘘でも本当でも問題ではなく、

その純粋でミステリアスなポジティブismを信じたい。

 

 

 

 

 

 

少し現実を見る。

 

いくら人気があっても組織の人。

華やかに見える裏で蠢くもの。

 

一所懸命練習しようと

それを見守られようと同じ人。

仕事が違うだけだと思うが割り切れない。

 

タバコの5分は良いのに

化粧直し、スマホを弄る5分がダメ

 

年功序列だから

下っ端だから

ダメダメダメダメ・・・

 

誰かに届けたい思い、

それを分かってほしい。

 

 

何かを申請したところで

それが上に届くとは限らず

捻じ曲げられ立ち消えたり

何かがボロボロになって戻ってきたり。

 

声援をはき違える可能性は

最後の一人になるまで諦めない。

そして最後の一人は自分。

 

諦めることはない。

自分ならできる。

ポジティブなismなのだろう。

 

そんな組織から狙われている・・・

これは事を急がねば。

標的になるためにー

 

 

自分を応援してくれる人たちを楽しませるため 

 

自分を支えてくれた人たちへ恩返しをするため

 

 

前回と同様、

個人対組織というのは

勝ち目がない戦に見えがちだが

勝つ必要はないようにも見えた。

 

盾役を買って出て行く者。

盾役を買って留まる者。

 

それは自分が信じる守りたい者のため

前に出ているのだろう。

 

 

アイドル業を120%やりたい

 

組織の限界を知り

悩む自分をいつも応援してくれている。

 

そんな人たちのためにもっと何かをしたい

 

悩む暇があるならポジティブに。

それを見た人たちもポジティブに。

誰に何があるか分からないが、

組織の中枢もポジティブに。

 

 

多くの人たちは、

もっと周りを、現実を見ろと言うだろうが

目の前の現実は誰にも見えないわけで。

 

その自分だけのビジョンを信じるポジティブism

 

その語る姿を見て

賛否あるのは仕方がないが

つまらない言葉はきっとポジティブシールドを貫けない。

 

 

影ながら応援しているが間違っても、

嫌なら会社を辞めろ

そんなことを言う輩と同等にしてほしくはない。

 

適当なポジティブismを語るのとはわけが違う。

 

 

【Amazon.co.jp限定】 【プレゼント ギフトに最適】 ブルゴーニュ銘醸ワイナリー 紅白2種 ワインギフトセット [ 750ml×2 ] [ギフトBox入り]

 

 

 

[Amazon 限定ブランド] スペインのフルーティな上質赤ワインバッグインボックス VIVAZ (ビバズ) [ 赤ワイン ミディアムボディ スペイン 3000ml ]

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

tanonobu.hatenablog.com