こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

臨時休校だからできることがあった。

 

2020年4月

新型コロナウイルスに揺れる中でも異動がありました。

 

 

www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp

 

 

子どもたちの学校でも

数人の先生が異動となり

担任替えはあるでしょう。

 

入学式前最後の学校会議も中止。

LINEとメールで連絡がありました。

 

クラス会議

学年会議

PTA総会

地域会議

 

すべて中止。

前学年主任が異動になったので

学年主任との打ち合わせもできずじまい。

 

何も分からないまま

 

いつ指示があっても動けるようにしよう

 

そんなPTAの方針に

従わなければなりません。

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

 

 

 

もくじ

 

f:id:tanonobu:20200404230750j:plain

 

 

 

1学期の授業内容は破棄 

 

PTAとは別に地域で手伝うもの、

委員に指示を出すものの確認がありました。

 

 

1学期のイベント

 遠足

 社会見学

 林間学校

 幼稚園・中学・高校との触れ合い

すべて中止。

 

1学期の授業

 体力テスト

 学力テスト

 健康診断

 プール

 運動会の練習

すべて中止。  

 

私的には体育より他教科の

授業を進めることが優先と思う。

 

校長の判断によるところもあるだろうが

異動が重なっている学校では更なる混乱があるだろう。

 

 

そして、

1学期に行われる重大なイベント、

修学旅行も中止寄りの延期。

 

夏休み~秋頃に変更ですが

どこの学校も同じでしょうから

今のところは未定。

 

これらがなくなることにより

学校お抱えの町の写真屋さん。

仕事がない状態だそうだ。

 

 

学校の判断は難しい

 

東京の公立学校では臨時休校が延期。

私立の学校も追随するところも多い。

 

授業料返還の問題

 

教材費は別。

PTA会費は別。

修学旅行の積立金。

 

学校によっては担当の先生も在宅勤務。

学校への電話は守衛に直結で担当者不在。

 

 

休校延長は英断だ。

子どものためにと叶った望み。

しかし次の段階がある。

 

休校明けはそれぞれ何を優先するのか

 

イベントはすべて中止。

勉強だけすればよい。

 

今のところそんな雰囲気。

 

必要ないと思っていたプール

あれだけ毛嫌いした運動会

 

中止になると少し寂しく感じる。

わがままではあると思うが

修学旅行はどうにか開催して欲しい。

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

休校だからこそ

 

このご時世だから我慢してくれるよね

 

学校や先生

保護者や児童

 

 

痛みは十分分かち合った。

毎日見るニュース。

増え続ける感染者

 

 

学校に行きたいと言うよりは

外に、どこかに行きたい。

 

誰かの行動を見て子どもたちの疑問が増え続ける。

 

日々更新される学校のホームページ。

回ってくる連絡網・メール。

役員・委員からの電話・LINE。

 

すべての教育従事者の方々

PTAなどの役員・委員の方々

毎日ご苦労様です。

 

上の方々も日々悩んでいるのでしょう。

 

学校は1ケ月間休校でした。

そしてこの先1ケ月続きます。

 

ICT化・耐震などを含めた工事を行うタイミングだったはず

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

学校にスタジオを作って

youtube授業もできたのではないでしょうか。

 

(全くお門違いな過去もありましたが)

 

 

やはり目先の決定が遅い昨今、

 

30万出すよ

学校ICT化するよ

だからスマホタブレット買ってね

 

だから後は耐えてくれよ

 

ごめん30万はあげすぎたから20万返して

 

後からどうとでもできるはず。

 

 

まだまだ先は見えませんが

長期化してきたからこそ

次のことを見据えた行動をする。

 

 

あと1ケ月同じことを繰り返す。

上の方々は簡単だと思っているようでなりません。

 

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

tanonobu.hatenablog.com