こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

新型コロナウイルスで儲かるのは誰だ。

 

 

昼夜問わずの

予防対策の消耗品の生産

新型コロナウイルスの研究

多大な支援もあるのだろうが

頑張ってくれているのだろう。

 

 

臨時休校を利用して家族旅行。

自粛要請もおかまいなしの卒業旅行。

 

日に日に広がる新型コロナウイルス

 

マスクをしているから

消毒しているから

 

こんな時だからこそ我慢しない。

 

安く旅行ができてお得だ。

 

 

情報操作と責任転嫁をすればいい。

やらなきゃ損。

次に儲けるのは誰だ。

 

 

 

 

 

 

もくじ

  

f:id:tanonobu:20200330202352j:plain

  

 

万一に備えて 

 

自分と知り合いの話を先にしよう。

 

車を運転するにあたって入る保険。

車を運転していれば

事故の一度はあるかもしれない。

懇切丁寧なオペレーターはCMでお馴染みだ。

 

万一事故の際の対応も任せておけば一安心。

 

と思っていた。

 

 

車で事故をした。

十字路、左右を確認して車を進める。

曲がり角から猛スピードで走ってきた原付バイクが左後輪の近くに激突。

 

相手の若者はかすり傷。

謝るそぶりはなかった。

初めての事故、もめるのは嫌なので警察を呼ぶ。

 

原付のスピード違反

前方不注意

 

保険は各自連絡と言うことだったので

それぞれで電話した。

 

過失割合は自分8:相手2

話を端折り要約するが、

「車の方が強いから」

だそうだ。

 

そして示談。

「保険料が高くなるので自費修理がいいですよ」

 

言われるがままにした。

 

 

知り合いは信号待ちの停車中に追突された。

 

過失割合は自分5:相手5

話を端折り要約するが、

「相手の保険屋にお世話になったから」

だそうだ。

 

 

示談するのに約1年。

 

 

どちらも車で初めての事故。

若かりし頃、世間知らずだった。

 

担当者が自分の裁量を持って

相手の担当者と話をする。

 

20年以上前の話だが今はどうだろうか。

 

 

 

儲かるのは誰だ

 

家族などを亡くされた方は

知っているかもしれない。

例えばの話だ。

 

死因を見るとおおよそ

心不全

そう書かれているのではないだろうか。

 

心臓が止まるから死ぬ。

当たり前の話だ。

 

 

保険にも多くの種類がある。

給付条件を細かくチェックしているだろうか?

 

がん保険に加入していれば

死因が「がん」であれば保険が適用。

治療・入院の種別次第では保険は適用されない。

 

死因は肺炎。

こちらでの死因は新型コロナウイルス

 

新型コロナウイルスは治療・入院適用外。

 

 

分からないではダメと思うが

こちらは何も分からない。

成す術がない。

 

 

保険会社の対応と担当者の対応

病院の対応と主治医の対応

 

必ずしも一致しているわけではないだろう。

 

ただ流れる情報を見ているだけなのだ。 

 

 

 

 

ピンチは儲かる

 

新型コロナウイルス核酸検出の保険適用に伴う行政検査の取扱いの一部改正及び費用の請求に関する診療報酬明細書の記載等について:https://www.mhlw.go.jp/content/000604470.pdf

 

 

検査キット・治療薬など

医療は儲かるイメージしかない。

 

着々と集まるデータ。

今後の研究に役立つだろう。

そのために支援も約束させる。

 

 

例えば医学・医療的な情報があり

すでに治療薬が開発された状態で

出回ったウイルスならば

 

動物実験で逃げたー

研究排水からー

 

 

真相は明かされることはないが

どこかに利権が生まれ

それを派生させるために

躍起になっている方々がいるとすれば。

 

その情報に踊らされ

決定をためらっている方々がいるとすれば。

 

 

よく言われるが、

こういったときだからこそ

チャンスに変えなければならないのだろう。

 

 

このご時世だから

運が悪かった

 

 

最悪の結末になっても

最後まで合うことはできない。

 

www.chunichi.co.jp

 

 

もうこのご時世ではない。

儲かるさまを指でくわえてみるのは嫌だ。

 

それでも儲けたい・得をしたい方々がいる。

 

 

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

tanonobu.hatenablog.com