こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

携帯ショップ強制閉店の非情はショップと店員の次第。二度とあの携帯会社と契約しない!高齢者トラブルが多いのは本当だった。

 

ツイッタートレンドでも呟かれていたニュース。

つい最近携帯ショップのずさんな処理に巻き込まれた親戚の話がある。

 

 

toyokeizai.net

 

 

自分はソフトバンクユーザーだ。

感じるに、5,6年前のガラケー時代より

店員の対応は良くなっている気がする。

自分が行っているショップだけかもしれないが。

 

 

初めてのスマホにするときは丁寧に説明があった。

 

機器の保障プラン(オプション)は

必ずつけなければいけない方針です。

20日ぐらい試してから必要なければ

解約してください。

ショップに来てもらえば解約操作します。

優先整理券もつけておきますので

よろしくお願いします。

 

至れり尽くせりの説明。

ショップ・店員によるのだろうが

厳しい規則だからこそ

キチンと対応しているところもある。

 

高い料金を払っているので当然だ。

 

そう思うかもしれないが

安く済ませるのならオンライン。

分からないことを聞くのに

対話しながらだと人件費がかかる。

 

それでもずさんな処理をする理由にはならず

携帯ショップのモラルの問題。

強制閉店は仕方ない。

 

 

 

 

もくじ

 

f:id:tanonobu:20200216130209j:plain

 

 

携帯会社で顧客の取り合い

 

親戚が機種変更の話を聞きに行った。

ちなみに還暦を過ぎている。

 

希望するガラケーがなく

スマホを勧められたが断って帰宅。

 

別の携帯会社ではガラケーがある。

とりあえず行ってみたそうだ。

 

そこでスマホの話も持ち出されたがやはり断った。

 

でしたらー、と

ガラケーMNP(携帯会社乗り換え)して

固定電話を変更、光回線にして

当社にまとめてもらえば格安になります。 

 

CMでよく見る携帯会社。

ガラケーに機種変できる。

電話番号も変わらない。

安い金額も提示されている。

 

分からないまま機種変した。

 

 

 

難しい説明

 

難しい専門用語ばかりで金額しか見てなかったよ

 

そんな話を聞きつつ

光回線業者の説明に立ち会って欲しいと言われた。

 

よく聞く光回線の業者。

提携しているのだろう。

 

 

プランが気に入らなかったら

光回線変更(工事)もキャンセルできますから

 

ショップ店員は言っていたそうだ。

 

現携帯会社と固定電話

変更(解約)手続きは自分でやらなければならない。

 

何回も電話連絡。

固定電話の方は幾度となく

 

本当に解約で良いですね?

 

何度も何度も念を押された。

 

 

そして光回線業者の立ち合い。

 

話を聞くにメリットは多い。

しかし還暦過ぎ夫婦の一軒家。

スマホに機種変していればまだしも

ガラケーを使い簡単な調べごとはパソコンで行う。

 

レンタルDVDはツタヤ。

オンラインで映画を見るわけでもない。

 

この辺はうろ覚えだが

新デジタル放送が始まれば

新しく家庭回線が必要だそうだ。

しかし光回線を引っ張っておけば

その工事をする必要がない。

 

今なら安いかもしれない

今ならすぐに工事ができる

 

そういった魅力も聞いたが

やはり必要ないと結論付け丁重にお断りした。

 

MNPだが機種変も完了。

光回線工事も断った。

 

これで終わったと思っていた・・・。

 

 

 

 

トラブルは突然に

 

2か月後、連絡があった。

 

パソコンのインターネットが使えなくなったから見て欲しい

 

 

行ってみると、なるほど使えない。

一通り見てみるとモデムの電話ランプが消灯。

 

再起動でもダメ

モジュラーケーブルは壁の埋め込み。

固定電話は通じるから断線はない。

LANケーブルを変えてもダメ。

 

 

プロバイダに連絡してみると

モデムは15年以上前のもの。

これが壊れたのだろう。

新規でモデムを購入するか

プランを変更して新たにモデムを設置するかどちらかだそうだ。

 

 

そこまでの使用頻度がないパソコン。

印刷するのも地図ぐらい。

ならばこの際プロバイダーを解約して

携帯会社でタブレットを新たに契約した方が

良いのではないか、と私的結論を連絡。

 

しようとした・・・

 

 

トラブルは突然に②

 

と、固定電話が繋がらない。

携帯でかけてみると

 

この電話はお客様都合によりー

 

固定電話が繋がらなくなっていた。

経緯を説明し携帯電話から

固定電話会社に問い合わせる。

そして驚きの事実を知る。

 

 

 

 

 

固定電話はすでに2か月前

解約されていたそうだ。

 

この期間は未払いの状態。

猶予期間があったらしい。

払い込みをすれば電話番号そのままで使えるとのこと。

 

インターネットも使えないのは当然。

 

 

以前の携帯電話会社と固定電話会社は同じ。

古い人では間違えるだろう。

 

 

携帯を解約しているつもりが

固定電話も解約(変更)してしまった。

 

 

そしてすべてが丸く収まった。

こちらが確認を(解約を)間違っただけ。

 

では終わらない。

 

 

 

丸投げ&丸投げ

 

光回線業者に工事は断った。

当然、光回線にしていないので割引もない。

ガラケーに機種変してめでたしめでたしのはず。

 

なぜ固定電話が使えなくなった?

 

 

光回線業者に聞く→携帯ショップに聞いて

携帯ショップに聞く→光回線業者に聞いて

 

たらいまわしだ。

 

光回線工事はキャンセルした。

猶予期間に固定電話会社に連絡するのは誰だ?

 

 

携帯会社が固定電話会社に

光回線業者が固定電話会社に

固定電話変更(中止)の連絡をする。

 

 

工事は中止になったのに変更(解約)中止はどうなった?

 

特に何も言われてない。

こちら側が連絡しなければならないミスだったか?

 

 

固定電話が携帯会社の回線に変更

携帯ショップの売上ポイントが上がる。

 

このオプションはつけないとダメなので

1か月後に解約(の解約)の連絡を入れてください。

 

言われてはいないが

そういうことだろうか?

 

 

いきさつは分からない。

言った、言わないの前に契約は終結している。

工事が中止になろうとあとは自己責任。

 

 

CMは華やかに行われているが

これだけ振り回されると

二度とこの携帯会社は使わない、お互いに話した。

 

 

二年後はMNPしてソフトバンクにする。

そう言っていたが、

このニュースを見てまた考えるだろうか?

 

 

 

 

携帯ショップは親族がついて行くべき

 

義両親の話。

携帯ショップについて行けば良かったと後悔した。

 

1対1で話されると流されてしまう。

流されてでも契約させてしまうのは

話術のプロと呼ばざるを得ない。

客観的に見る人が必要だ。

 

言った言わないになってしまうが

 

光回線にしなくても大丈夫ですよ

業者の方と折り合いがつかなければ断ってください。

 

これがミソのような気がする。

 

先に固定電話の切り替えは行いますが(後は知りません)

 

これがあったのだろう。

光回線工事と切り替えのキャンセルは自己責任。

 

これは全く分からなかった。当然だ。

 

契約書も枚数が多く

細かく書いてあることも多い。

どこを見て良いか分からなく

携帯ショップに問い合わせても

同じことを言うだけで分からない。

 

MNPの客からむしり取れ

 

そう受け取った今回の出来事。

外れくじに当たってしまったが

二度とそちらには伺わないのでよろしくお願いします。

 

 

高齢者の契約トラブルも多いと聞いていたが

身近にいると注意喚起したくなる。

 

分からないまでもその場で

問い合わせできる人が

ついて行った方が良い。

そう思った出来事だった。

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

tanonobu.hatenablog.com