こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

中学校の制服を買うぐらいならしまむらで私服を100着買いたい。

前回書いた記事

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

中学校から制服になった。

長女は当然スカート。

 

男子はズボン

女子はスカート

 

決められた固定概念だ。

 

少しずつ選択できる学校も増えてきてはいるが

やはり(大人の)イメージを変えることは難しいのだろう。

 

 

 

 

もくじ

 

f:id:tanonobu:20200131220310p:plain

 

 

変な校則が多い

 

 

matome.naver.jp

 

 

長女の中学校でも

派手な色の下着・ポロシャツ・靴は禁止

アゴムは黒のみ

 

さすがにポニーテールはOK。 

異性を刺激するかどうかは知らない。

 

 

子どもの頃の自由な服装が

大きくなるにつれて変わっていく。

いや、変わらなけれならないうえに

自分の好みを探さなければならない。

 

どこかの雑誌で紹介された

どこかで誰かが着ていた服を探す。

  

制服は一体感を出す軍隊的なイメージだったが

服装でいじめなどを防ぐ役割もあるのかもしれない。 

 

 

 

制服が嫌なら私服を着ればいいじゃない

 

 

news.livedoor.com

 

有名な学校ではすでに対策している。

 

服装からも個を表わす時代になり

それも配慮のひとつという。

 

とは言え、制服の中の私服

毎日着て行く私服の種類・センス。

それはそれで耐えられるのかと言われると

微妙なところだと思う。

 

・・・違う。

私服を制服にする

制服っぽい服を制服にする

 

そうすればどんな子にも配慮できる。

万事解決だ。

 

 

そうすると制服の意義は何だろう?

一体感を出させ個を目立たなくさせる。

 

学校指定の体操服

学校指定の水着

学校指定のカバン

学校指定の靴

 

昔からの伝統。地域貢献。

何をどうしたところで個々の差は出る。

 

こういった指定は、

もう辞めてもいいのではないか。

 

 

 

 

なにをするにも

 

大人への転換期ー

 

そういったところだろうか。

 

昔は格好ではみ出していた者がいた。

学校、人となりを表す制服は必要。

そうだったかもしれないが今はどうだろう。

 

 

「もし、“もっとスカートを短くしなさい”と言ったら、それはセクハラ。ならば逆に、“もっとスカートを長くしなさい”と言うのだって、本来はセクハラなんです。子どもたちにはこんなふうに、みんなが当たり前だと思っている価値観をひっくり返して考えることを知ってもらいたい」

(西郷校長)

ライブドアニュースより: https://news.livedoor.com/article/detail/16105492/

 

 

自由の上で子どもたちを考えさせる。

子どもと同じ目線に立つ。

これが本来の教育だろう。

 

なぜ今までできなかったのか?

はみ出させない

(利権があるのなら)

伝統を守る

 

制服と同じ原理なのだろう。

 

大人の基準作り。

校則に違反すれば罰することができる。

はみ出し者をすぐチェックできるのだろう。

 

 

 

無駄な支出もしたくない

 

女性用制服一式十万以上。

私服だとしまむら

100着以上買えるのではないか?

こちらの方が有意義である。

 

中学校は勉強をするために行くのだろう。

ならば制服は関係ないと思うのだが

なくては困るもの同士の利害が一致しているから

長年同じことをしているのだろう。

 

私立や偏差値が良い公立の学校は

制服がないところが多い。

お金が流れているからそうなのだろう。

(※こじんてきしゅかんです)

 

実際に公立学校で制服をなくしている。

配慮ということは置いておくにしても

(金銭的な面を踏まえて)

制服をなくしてくれると嬉しいのだが

その縛りは必要、

もしくは眼中にない方々がいるから

そこまで話題にならないのだろう。

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

tanonobu.hatenablog.com