こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

無料はてなブログ初心者が振り返る12月。2度目のスマニュー砲で締めくくり。ポイントはやっぱり定型文。

 
2020年が始まりました。
今年も成長の年となるように
こっそり見させてもらって
吸収していきますのでよろしくお願いします。
 
2019年の振り返りは特にないですが
継続できたことについてだけは
自分を褒めてあげたいと思います。
 
そして2度目のスマニュー砲を受け、
PV的には前回ほどではありませんが
12月は良い形で締めくくれました。
 
前回のまとめ 

 
 

アメ横で買い物しているときに

今日のブログは日記にしよう。

そう思いブログの構成を考えつつ撮影。

帰りの電車で内容を考えました。

   

忘年会から帰っての酔った頭で
さっと書いて寝よう、
そう思った普通の日記。
 
タイトルをはてブ
内容はいつもの読者に
定型ではてブとスマニューに
 
いつも通り真ん中に落としています。
 
外出していたので
どちらが先かは微妙ですが
新着→スマニューで掲載。
 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

はてなブロガー御用達のオピニオン。

スマホで見ると綺麗ですね。

 

f:id:tanonobu:20200101081720p:plain

 

この時点の流入数は
 
はてブ > スマニュー
 
みんなアメ横が好き、
は置いといて興味がある。
賛否両論の様々なコメントがありました。
 
これに(ブクマ)スターをつければ・・・
とも思いましたがぐっと我慢して
行く末を見守りました。
 
スターとアクセスが増えれば
トップに掲載する時間も増える。
最終的PVは4000くらいでしょうか。
ありがたいことです。
 
 
スマニューからはぽつぽつと。
オピニオンってみんな見るの?
と言った感じのチャンネル。
諦めかけた次の更新時に移行。
 
 

f:id:tanonobu:20200101081714p:plain

 
トップページになりました。
 
ここで、
あなたにおすすめ
と書いてあることに気づいたのですが
各チャンネルは年齢や性別等で
表示内容が微妙に違ってきているようです。
 
トップページはほぼ同じ
確認は奥さんのスマホのみですが、
自分の記事が見つからないのは
そのせいかと今更ながら感じました。
 
 
あとは各々の更新時間などの
タイミングで記事が残っていれば見る。
 
スマニューからのPVは7000くらい。
今回は記事を増やさずに
アドセンスを増やしただけで静観。
良い形で締めくくれて良かったです。
 
 

 

 
 
 
そして翌29日。
ありがたいことにまだ新着の上位。
PVも約1000ありました。
 
(記事の質は置いといて)
ブックマーク数の強みでしょう。
しかしながら、
アクセスは増えても
収支が増えるわけではない。
弱小ブログの悩みです。
 
そんなことを考えつつ
見ればスマニューからのアクセスが増大。
 
(自分の画面上は)
トップから落ちているので
確認をできませんでしたが
明らかに尋常でないアクセス数。
スマニュー砲の予感です。
 
 
各チャンネルを探した結果、
何と3度目の移行を確認。
 
 

f:id:tanonobu:20200101081716p:plain

 
何とトラベルへ。
年末の旅行と言われれば・・・。
 
これが(28日?)
29日~31日まで
掲載されていたおかげで
見事スマニュー砲となりました。
 
PV的には前回より-5000くらい。
収支的には前回の倍くらい。
有料だったらその倍だったかも・・・
と思うといつもながら考えるところです。
 
 

 

 
 
 
スマートニュース掲載が
何日も続けば良いことですが
機械の判断なので難しいところ。
 
検索でアクセスを稼げるような
記事を書ければ良いのですが
無料の特化型のブログには厳しいですね。
 
 
 
公開メモも兼ねてツイッター
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
とは言え、
 
はてブ数が要因
SNSなどのアクセス数が要因
 
とするならば
ほとんどスマートニュースに載りますよね。
 
新着は、
はてなブログとしては弱いので
何かしらの優遇措置のために
スターがあるのでは?
そう思っています。
 

 

 

そのサイトが好む定型文があると思います。
それを自分の特性に合うよう作る。
 
そして一連の流れを持っている(作れる)
方々の収支が安定するのを理解しました。
 

 

 

 

 

 

記事によってはスマートニュースの移行も3回(以上?)ある。

 

セッション継続時間を再考。

→内部リンクの必要性を否定

 

この辺の疑問を考えつつ

今年からはもっと(良い意味で)

力を抜けるように継続していければと思っています。

 

 

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

tanonobu.hatenablog.com