こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

ベルマーク活動をやめた幼稚園はそれほど困ってないから小学校もやめてみよう。

2019.12

 

井戸端会議での話、

幼稚園で父母会(PTA)の役員の方

活動の縮小をしているそうだ。

 

はじめにベルマーク活動を休止。

面倒な集まりがなくなれば、

立候補で役員をしてくれる方が増える。

 

本当に必要な活動だけに力を入れ

それに対してみんなで協力できる。

 

良いことだらけですが、

困っている方は特にいません。

それがベルマーク活動です。

 

 

 

 

 

もくじ

f:id:tanonobu:20191218203336p:plain

 イラぽんより:https://ilapon.com/

 

 

依頼していた仕事を自分たちで

 

ねー、下着どこにあるのー

 

子どもと同じかもしれませんが

これまで依頼していたことを

自分たちでやるだけ。

 

幼稚園では意外と使うプリンター。

使用済みのカートリッジを集めて

ベルマーク活動を通じリサイクルすると

ベルマークの点数が加算されます。

 

ダンボール(古紙)も

僅かながら換金できるので

リサイクルに出す手間を考えれば

似たようなものでしょう。

 

 

www.bellmark.or.jp

 

 

インクカートリッジの処理

 

個人のインクカートリッジの処理

 そのままごみで捨てる

 量販店の店頭でリサイクルBOXに入れる

それで済みます。

 

ベルマークと回収などの手続き

どちらが楽かを考えてから

幼稚園でも同じことをすれば良いだけ。

 

ベルマーク活動自体は素晴らしい。

 

個人でバーコードをスキャンできたり

バーコード番号をWebで入力すると

点数がもらえたり簡単になれば大歓迎。

 

手間がかかるからPTAの仕事になる。

おかしな話です。

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

 

 

予算が足りなければ

 

我慢です。

役所から決められた

予算内で済ませばよい。

 

幼稚園などの規模とやる気の差で

集まる数は違うでしょうが、

通っていたところは月に数百円分。

 

昔は子どもが多くベルマークも

かなり集まったのかもしれません。

しかし今では少子化の波。

 

予算も限られてきていますが

文具に関しても100均で

抑えることもできます。

 

小規模のところであれば

ベルマーク運動は必要ない

 

そこへ行き着いたのでしょう。

 

英断は素晴らしいことですが、

幼稚園の会計の性質を考えると

ベルマーク活動は必要なのでは?

と私的には思っています。

 

 

 

小学校では微妙なところ

 

ベルマーク運動も近代化。

お買い物はインターネットで。

とても便利になっています。

 

もう何でも買えますね。

 

www.webbellmark.jp

 

ただ小学校はどうでしょう。

予算が足りないのは致命的。

 

痛ましい事故も多々起こっています。

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

少しでも学校の、子どもためと思い

せっせとベルマークを集めていますが

そのために苦労するというのも

何かおかしな気はします。

 

予算が、寄付があれば良いのでは?

 

www.bellmark.or.jp

 

上記より引用しますが、

 

(1)
集まったベルマーク1点につき、1.27円(消費税こみ)の「市場調査費」が協賛会社から支払われます

(2)
このうち1円分が、PTAなど参加団体の預金口座に入り、自分たちの学校の設備が購入できる「教育設備助成費」になります

(3)
残りの0・27円(消費税こみ)分は、集票活動したPTAなど参加団体から財団に寄付され、「運営費」になります

※PTAのベルマーク預金が、運営費に使われることはありません

 

財団の運営費も賄っていますよね。

それこそ協賛・協力会社と

どうにかしてほしいものですが。

 

お互い折り合いをつけて

上手く運営しているのでしょうが、

援助を受ける学校があるのも確かです。

 

 

 

 

幼稚園では活動不要

 

今年からベルマーク活動を

辞めた幼稚園が困ることは特にない。

 

使用済みのインクカートリッジ

 →父母会でスーパーなどへ

古紙などのダンボー

 →廃品回収で寄ってもらう

 

なるべく簡素に済ませることを

気をつけて予算内で済ませる。

 

今年からやらなくて良い 

でも、また再開するかもしれない。 

 

念のためにベルマークを

溜めている方も多いとか。

 

困っていると助けたくなるのが

人情と言うものでしょう。

 

 

こっそりそのまま活動して

消耗品をプレゼントしよう

 

自由に活動するほうが

自然と手伝うようになってくれる。

そう思った話でありました。

 

 

 

小学校は放棄したいですが

 

 

小学校になるとベルマーク集計が

月に2~4回あります。

 

嫌々ながらも集まり

数百円のために5,6人で集計。

役員からの指図を受け

嫌な気持ちのまま終わる。

 

そんな活動は必要ない。

学校の事務員(用務員)さんに

頼んでも良い仕事でしょう。

会計的なことも絡みますし。

 

子どもたちの小学校では

やはり理不尽な活動のひとつ。

自分の小学校もろくに見れないのに

他の小学校のことを考えようとか

そんな時代でも場合でもないはず。

 

 

とは言え、

楽しくサークル活動っぽく

和気藹々と

愚痴を言い合う

ストレス発散の場となっている

ところもあると言います。

 

この差は何なのでしょう・・・

 

メリットがないとは言いませんが

活動自体をやめてみてから

不都合を考えてみてもいい時期だと思います。

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

tanonobu.hatenablog.com