こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

タッチレス改札とボーナスをくれ、は似ている。

 

JR東日本がタッチレス改札の

導入を検討しているそうだ。

 

カバンからSuicaを出さずに

改札を通過できるようになれば

人が流れるので時短にもなる。

 

しかし、

改札前で忘れ物したとき

センサー?が悪用されたとき

 

もしものときの対策も含めて

開発中なのだろう。 

 

www.tokyo-np.co.jp

 

 

 

 

 

もくじ

f:id:tanonobu:20191208083356j:plain

 

マナーを強制するのはマナー違反

 

数日後、

年配のサラリーマン同士の会話を聞いた。

 

電車、新幹線、F1などの時短

料理、電子機器、支払いなどの時短

 

「時間をお金で買っているようなものだ

それに費やす時間が短縮されれば

便利になったと勘違いする」

 

余計なお世話だと感じたが、

確かにその通りとも思った。

 

「通勤ラッシュ時の電車、間隔は数分おき。

改札の数秒で滑り込むくらいなら

余裕を持って並んでおくべきだ。

 

それから改札での入・退場のとき

Suicaを手に持って

準備しない人が多すぎる。

先に切符を無くすべきだろう」

 

 

言いたいことは分かる。

しかし、それは個人の意見。

鉄道会社が決めていることに対して

マナー云々を強制するのは

それこそマナー違反なのかもしれない。

 

 

 

 

節約に対する根本的思考

 

電気はこまめに消す

お風呂の水で洗濯を

こまめに節約して1ヶ月

150円浮いたとしよう。

 

コーヒー1杯我慢すれば良いよね

 

自分はそうだ。

 

それに加えて節約すれば

もっと余裕が出る。

 

その考えも分かる。

 

 

話は戻って飛躍すると、

その考えで双方一致するなら

 

改札の前でしっかりSuicaを用意し

電車が出る時間に余裕を持って並び

安全に、時短できる人たちばかりなら

 

タッチレス改札は必要ない

 

しかし実際にはそうならない。

ホームの安全ドアもそうだが、

鉄道会社が政策を進める。

 

 

「そんな政策をする金があるのなら

もっと電車(新幹線など)料金を下げろ」

 

それがサラリーマンの言い分だった。

 

 

その場で見る効果は微妙

 

高速道路などを走る車。

先頭から徐々に車のスピードが

遅くなれば自然と渋滞になるように、

その逆で少しずつ革新していけば

より早くなることもあるはず。

 

左利きの方、ベビーカーや車椅子の方

その他、色々な配慮の結果

タッチレス改札の導入を

検討しているのは企業努力。

 

そういった配慮すべき点があるからこそ

サービスとして開発に投資している。

 

何事も安くすれば良い

そういった考えのある昨今、

本当に良いものが少なくなっていることを

不思議に思っていない。

 

  

 

 

 

 

大企業が羨ましいだけ

 

大企業の追求は果てしない。

小企業の追求は目先の利益のため。

しかし、

自分たちの欲求は果てしない。

 

経営者が見るのは利益のみ。

どれだけ効率の良い仕事をしても

社員にサービス(ボーナス)

としては返ってこない。

 

tanonobu.hatenablog.com

 

不満があるなら電車を使うな

不満があるなら会社を辞めろ

 

もちろんすべての会社・人に

当てはまらないとは思うが

 

営業車を新しくするくらいなら

ボーナスを規定どおり2ヶ月以上出せ

 

耐えることが

会社のマナーとは言わないが

結局のところ、

このサラリーマンと言うことは

同じこと。そう感じた。

 

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com