こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

キャリアパスポートの書き方は適当に?A4判5枚以内(両面印刷可能)だと小学校・中学校で差が出る可能性がある。

キャリアパスポート例示資料:文部科学省

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

確固たる夢が決まっている方は

全く持って必要ないものでしょう。

 

特に夢が決まっていない

言い方を変えれば

子どもたちがどんな大人になるか

楽しみであるわけですが

それを記録することに意義を感じない

そんな家庭もあるのです。

 

もくじ

 

f:id:tanonobu:20191202210211j:plain

 

 

 

 

 

適当に書こう

 

www.mext.go.jp 

以下、上記「キャリア・パスポート」の様式例と指導上の留意事項より引用

 

都道府県教育委員会等、各地域・各学校で柔軟にカスタマイズされることを前提とする。

 

準備段階での小学校・中学校の

キャリアパスポートの例示は

将来の夢について

大人と話し合う項目が多かった。

  

 (2) 学校生活全体及び家庭,地域における学びを含む内容とする
▶教科・科目のみ,学校行事等のみの自己評価票とならないように留意すること(①「教科学習」,②「教科外活動(学校行事,児童会活動・生徒会活動やクラブ活動,部活動など①以外の学校内での活動)」,③「学校外の活動(ボランティア等の地域活動,家庭内での取組,習い事などの活動)」の3つの視点で振り返り,見通しが持てるような内容とすること
▶各シートはA4判(両面使用可)に統一し,各学年での蓄積は数ページ(5枚以内)とすること
(4)大人(家族や教師,地域住民等)が対話的に関わることができるものとすること
▶家族や教師,地域住民等の負担が過剰にならないように配慮しつつも,児童生徒が自己有用感の醸成や自己変容の自覚に結び付けられるような対話を重視すること

 

この辺りを参照してると思われるが

両親(大人)の職業の項目も多く

それについて子どもの感想もあるので

親子(家庭)関係等の調査も

入っているように感じた。

 

面談などのときに、

キャリアパスポートがあれば

話が進めやすいと思う。

 

 

A3の両面印刷で約20ページ。

A4で5枚以内とあるので

両面印刷しても半分になるだろうが、

 

目標を立てる→振り返る

 

これを繰り返すのであれば

その都度、先生と話し合う

傾向と対策がついてくるので

適当に書かせた方が良いように感じた。

(後述)

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

 

 

キャリアパスポートは学習活動

 

 

(1) キャリア教育は学校教育活動全体で取り組むことを前提に,「キャリア・パスポート」やその基礎資料となるものの記録や蓄積が,学級活動・ホームルーム活動に偏らないように留意すること
▶学級活動・ホームルーム活動以外の教科・科目や学校行事,帰りの会やショートホームルーム等での記録も十分に考えられる
(2) 学級活動・ホームルーム活動で「キャリア・パスポート」を取り扱う場合には,学級活動・ホームルーム活動の目標や内容に即したものとなるようにすること
▶記録の活動のみに留まることなく,記録を用いて話し合い,意思決定を行うなどの学習過程を重視すること
(3) 「キャリア・パスポート」は,学習活動であることを踏まえ,日常の活動記録やワークシートなどの教材と同様に指導上の配慮を行うこと
▶児童生徒個々の状況を踏まえ,本人の意思とは反する記録を強いたり,無理な対話に結び付けたりしないように配慮すること
▶うまく書けない児童生徒への対応や学級(ホームルーム)・学年(学科)間格差解消等も日常の指導に準じること
特別支援学級に在籍する児童生徒,通級による指導を受ける児童生徒等,特に特別な配慮を要する児童生徒については,個々の障害の状態や特性及び心身の発達の段階等に応じた記録や蓄積となるようにすること
▶学習指導要領解説特別活動編にあるように「キャリア・パスポート」は自己評価,学習活動であり、そのまま学習評価とすることは適切でないこと
(4) 「キャリア・パスポート」を用いて,大人(家族や教師,地域住民等)が対話的に関わること
▶記録を活用してカウンセリングを行うなど,児童生徒理解や一人一人のキャリア形成に努めること
▶学級活動・ホームルーム活動の時間の中で個別の面接・面談を実施することは適切でなく、「キャリア・パスポート」を活用した場合においても同様と考えること 

 

先生、相談に乗ってくれますか?

あれだけの超大作、無理でしょう。

授業やホームルームで時間を割く。

先生も見た体にすれば問題ありません。

 

先生の言うとおりに書いておけば良い。

 

別添に参考を示したが,これはあくまでも学級活動・ホームルーム活動の内容(3)「一人一人のキャリア形成と自己実現」で想定される大まかな活動の流れを例示したものである。なお,学習指導要領解説特別活動編を必ず確認して指導に当たることとする。

 

学習指導要領解説特別活動編

これを参照しながら

必ず確認して指導と書かれています。

 

www.mext.go.jp

 

特別活動において育成することを目指す資質・能力については,「人間関係形成」,「社会参画」,「自己実現」の三つの視点を踏まえて特別活動の目標及び内容を整理し,学級活動,児童会活動・生徒会活動,クラブ活動及び学校行事を通して育成する資質・能力を明確化する。

上記:【特別活動編】小学校学習指導要領(平成29年告示)解説より引用

 

小学校で200ページ以上

中学校で170ページ以上

 

しっかり読んでいる先生も

いるかもしれません 。

 

どんな係(など)で

どんな話し合いをして

どんなことを(協力)して

それを何に活かせるか

 

それだけで事足りるはずなので

学校によっては通知表をそのまま使い

簡素なキャリアパスポートにする

可能性もでてきました。

5枚以内であれば1枚でも良いはず。

 

そうすると数人ずつ放課後に居残りして

先生と一緒にキャリアパスポートを記入。

(意味があるかは別)

 

放課後のタイムリミットが数十分。

その時間で書ける程度のことであれば

真面目に書くだけ無駄な小学校。

 

どれだけ担任が手をかけてくれようが

そのうち担任は変わります。

とりあえずそう書いておけば良い。

双方、手間をかけたくないでしょうし

 

とりあえず中学・高校へ行く

 

そんなうちみたいな家庭には

全く持って意味がありません。

 

 

 

鳴り物入りで始まるキャリアパスポート

学校によってかなり差が出るかもしれません。

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

tanonobu.hatenablog.com