こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

ポケモンから始まる親子の会話。親の背中を見て育つのはもう古い?

ポケットモンスターサン&ムーンは最終回でした。

 

いつもの終わり方を知りませんが、

子どもたちは次のシリーズを楽しみにしています。

意図に気づいたのは長女。

更に自分は邪なことを考えてしまい反省。

 

 

夢を叶えたいという思い

誰かがいるから頑張れる

 

家族団らんで見るふさわしいアニメ。

ポケモンはこれからも続いていくのでしょう。

 

もくじ

 

 

f:id:tanonobu:20191103232519j:plain

ポケモンが終わって悲しんでいるだろうからと。次女作。 

 

 

親子の会話はどうしています?

 

日曜18:00時。

(関東ネタですみません)

ポケモンの放映時間が移動したおかげで

毎週子どもたちと見る事ができています。

初めて最終回も見ました。

 

見終わるとポケモンの話をしながら夕食。

 

最近学校でどう?

うん、まぁ・・・

 

終了。

楽しく話を続けられる家庭は羨ましい。

小学校からは難しい年頃、実感しています。

 

明らかに様子がおかしいときは分かりますし、

話したくないのであればしょうがないので

アニメとかゲームの話になってしまいます。

 

しかし、好きな話を出し切った後に

 

そう言えば学校で・・・

 

話を切り出すこともあります。

気持ちの問題とは思いますが。

 

 

小さい頃はこれはみんな好きだから

そう思って一緒に見ていたもの、

小学生になれば好きなものは自分で決めます。

 

そうすると親が妥協して楽しもうとする。

それが子どもにはお見通しとなれば

共通の会話が無くなっていく。

 

親子の会話の難しさよ・・・。

 

 

 

できることであれば手伝おう

 

※手間をかければ限りなく無償に近いこと

 

自分もそこそこオタクなところもあったので

子どもたちの気持ちは分かるつもりです。

 

あれが欲しいな

あそこへ行きたいな

 

漫画やアニメから得られるものはたくさんありました。

できることであればなるべく叶えてあげたい。

 

プリキュア仮面ライダーのスタンプ。

何店舗も回って集めたシール。

ものの数秒で貼っておしまい。

それでも一瞬の喜びが見たかったから。

  

そんな親の背中は覚えてないでしょう。

 

ゲームを一緒にする

アニメを一緒に見る

ポケモンの話をする

勉強できなかったから

そんな背中を見ていると思います。

 

一生懸命仕事している姿、

威厳があるわけでもありません。

 

普通の親が見せる背中って

どんな背中でしょうか?

 

ポケモンたちが力を合わせて

自分の夢を掴み取る姿を一緒に見る。

今はそれだけで満足と言うか。

 

そう言えば主人公サトシの父親は失踪中とか・・・

 

 

楽しめる事がいちばん

 

これからポケモンは続いていくことでしょう。

夢を持った子どもたちが次を担う。

今の子どもたちが大人になり子どもを持つ。

 

自分が好きだったものが

子どもと一緒に楽しめる。

 

それだけの会話と言うのも

寂しいかもしれませんが、

それが良かったかどうかは、

もっと子どもたちが大きくなって

本当に悩む事ができたときでしょう。

 

 

実際に多くの方がいるとは思いますが、

すでにポケモン

語り継がれるアニメ(漫画)

受け継がれるアニメ(漫画)に

なっているのかもしれませんね。

 

次のシリーズも子どもに教えてもらいつつ

いろいろな意味で冒険できることでしょう。

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com