こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

赤ちゃんの便秘解消と予防には毎日の腸マッサージがオススメ。綿棒は最後の手段にしたいのです。

便秘。

女性に多いと言われていますが

軽い運動、水分を多く採ってからの最後の手段

(薬を飲める歳であれば)

薬に頼る事ができます。

 

赤ちゃんの時の便秘は心配するもの。

普段からマッサージしておけば良いそうですが

最後の手段、使ったことありますか?

 

もくじ

f:id:tanonobu:20191101210603j:plain

 

 

 

 

 

便秘はよくあると言われても

 

長女は3か月くらいから便秘がち。

 

1日目:育児書を読む。良くあること?

2日目:小児科に電話。機嫌を見てください。

3日目:心配になり小児科へ行く。

 

意外と良くあること

お腹が張ってなければ大丈夫

機嫌がよければ良い

水分取っていれば大丈夫

気になるようなら(←?)綿棒で

 

毎日出ていたものが1日出ないだけでも心配ですが

いつか出るから(←?)

あっさり言われても心配です。

 

 

気になったから綿棒で

 

一番細い綿棒を用意。

ベビーオイルをつけてからちょんちょん。

やりすぎると良くないとも言われていますが

背に腹は代えられません。 

 

ガスとともに去りぬ。

 

こんなに飛び散るとは!

コレ毎回しないとダメですか・・・。

 

長女のときは3日に1回。

長男・次女のときは快便、

体質とかミルク混合とか

色々言われていますが、

出しやすい環境も大切なのではないでしょうか。

 

 

 

 

相談相手は助産師さん

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

助産師さんに聞いてみたところ、

お腹のマッサージの方が(噴出ダメージ的にも)良いかもね。

と言われました。

(おっぱいマッサージ繋がり?)

 

 

 

 

 

 

よく赤ちゃんは「のの字」でマッサージを行うと言います。

 

軽く撫でるようにマッサージ。

ポイント押しも撫でるくらいでOK。

 

パパさんが赤ちゃんにミルクをあげるときは

あぐらをかいて、赤ちゃんをはめるでしょう。

その斜めがポイント。ブツが落ち易いみたいです。

 

暴れたり泣きじゃくったりするときは

寝かせてからマッサージの方がいいでしょう。

(そこまでひどいと最後の手段かもしれませんが)

機嫌が良いときは斜めでマッサージ。

 

うちではパパがトイレでした。

 

ミルクを飲み終わってひと息ついて

帰ってきてからの挨拶に

あぐらにはめたらブリブリと。

 

水分を採る事も重要とは思いますが、

いざ便秘かと疑えば個人差と言われます。

 

 

普段からマッサージをしておけば

赤ちゃんも覚えるかもしれないし

スキンシップも取れて一石二鳥。

 

一度被害を受けてしまうとなかなか・・・

綿棒は最後の手段にしたいのです。

 

 

 

 

 

大人はいつでもマッサージ

 

ちなみに大人の場合、トイレでふんばる前に

強めのマッサージとポイント押しをすると

すんなり出るしガス抜きもできる。

自分だけかもしれませんが。

 

 

もちろん部屋の中でもこのマッサージをすれば

お部屋でガス抜きもできます。

(加減には注意)

覚えておくと何かとスッキリしますよ。

 

 

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com