こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

子どもやパートナーに問いかけたとき答えが返ってこないとイラッっとしませんか?

お昼(晩)ご飯は何食べる?

何でも良いよ

 

明日のお休みどこに行く?

どこでも良いよ

 

そんな受け答えしていませんか?

自分で決める事ができるメリットもありますが

それならば文句を言ってはいけません。

 

えーっ、またラーメン・・・

 

じゃぁ最初からリクエストして!

 

 

もくじ

 

f:id:tanonobu:20191019224739j:plain

 

2択で決めさせる

 

自分の意志で決められるようになる2歳ごろでしょうか、

 

朝ご飯は、かにぱんとバナナどっちがいい?

飲み物は、牛乳とリンゴジュースどっちがいい?

 

2択で聞くようにしていました。

喋れるようになる前でも、

目の前でかにぱんとバナナを出せば、指を差します。

片方はあげて、片方は必ず片付ける。

 

もちろん食べたくなければそれでよし。

自分の意思を持って決める事が大切ですよね。

 

これが続けば、2択で聞かれる安心感で

ぶっきらぼうで不満があっても)

決めざるを得ない状況にもっていけます。 

 

 

2択以外の選択肢

 

家族でも好みは分からないもの。

子どもは気分屋なので余計に分かりません。

 

お昼はラーメンと焼きそばどっちがいい?

うどんが良かったなー。

今度うどんは買っておくとして今日はどっちがいい?

じゃぁ焼きそばー。

 

どちらかといえばうどんが好きと気づきました。

うちでは派閥が分かれますので

ラーメンと焼きそば、どちらも作ります。

 

実は乾麺のうどんはありましたが、

ネギがないのでラーメンか焼きそばにした次第です。

 

どっちも嫌だと言うのは厳禁。

希望を用意するか妥協する。

 

こうして作る側と食べる側の平和的解決が

争いごとを無くしていくでしょう。

 

 

2択以外の選択肢②

 

食べたくないときもあるでしょう。

そういった場合は、

 

お腹痛い?

気持ち悪い?

 

うちでの子どもへの聞き方です。

 

お腹が痛ければ横になるかトイレに行かせる。

気持ち悪ければ横にさせて熱を測る。

 

大体はおやつを食べ過ぎたとき。

分かってはいますが、子どもは正直に言えないもの。

それでもお腹が痛いと言えば対処しますし、

何か別の理由を言うかもしれません。

 

意思疎通ができなくて、つい怒ってしまうと

子どもは黙ってしまい余計に怒ってしまう。

 

2択で聞かれたときの症状が違う場合、

きちんと説明できるようになるのが理想です。

 

それで嘘をつくようになる

ズル賢くなるかもしれない

 

そうかもしれませんが、考えることが大切と思い

怒ることなく相手を尊重することで

お互いのためになるのではと考えています。

 

 

とは言え、会話をするのが目的です

 

家族、パートナーもそうですが

やはり好みを知っておくのが良いですよね。

 

せっかくのプレゼント

せっかくのお出かけ

せっかくの食事

 

怒ることでその日は楽しくなかったことになってしまう。

 

お昼何にする?

スシロー

晩御飯何にする?

寿司

 

投げかけるほうも考えることを放棄しています。

子どもは好きなものしか言いませんし、 

子ども相手だと妥協せねばなりません。

経済事情もありますし。

 

自分も考える

相手にも考えてもらう

家族で(ふたりで)妥協案を出す

 

これが理想的な流れ。

せっかくご飯を作っても、

 

えーっ、また焼き魚ー

ドレッシングじゃなくてマヨネーズが良かったのにー 

 

食事も楽しくしたいですし、 

好みは特に把握しておかなければなりません。

 

 

飲み会のときもそうでしょう。

唐揚げにレモンかける人ー

 

かけるわけないじゃん

 

厳禁です。

普段からの受け答えを見透かされてしまいますね。

はい or いいえ。

もしくはマヨネーズ。

そこから始まる会話もあるかもしれません。

楽しくいきましょう。

 

 

とにかく怒りたくないから

 

外ではまごまごしていても、

家の中ではしっかり好みを言ってほしい。

そんな思いから2択で問いかけるようにしていますが

とにかく怒りたくないのが本音です。

 

子どもは言っても分からないことが多い。

 

明日起こさないからね!

じゃぁ勝手にしなさい!

 

じゃぁ食べなくて良い!

じゃぁ自分で作りなさい!

 

とにかく怒りたくないのです。

 

 

ポケモン終わったらお風呂とご飯どっちにする?

お風呂ー

じゃぁテレビ消して素早くねー

 

最後まで仰天ニュース見て明日起こさないのと

録画して明日起こすのとどっちがいい?

寝るー

 

もちろん最初から言うことを聞いてくれるわけではありません。

大きくなるにつれて理解するようになれば嬉しいですよね。

それまでは不毛な戦いで疲れますけど。

 

テレビを見る VS 寝ろ

 

意図を説明しつつも 

やはり子どもは親に頼るという

特権みたいなものがあるじゃないですか。

 

それはそれで嬉しいけれど

自立はまだ早いとしても

自分の意志を示して欲しいというか。

 

 

せっかく作ってくれたニシンの焼き魚だけど

あんまり好きじゃないんだよね・・・

 

逆に、子どもが大きくなって

自分たちの好みを知らないと悲しいのです。

趣味にそぐわないプレゼント貰うのもそうですが、

ただ我慢してありがとうと言えば、

この先何十年と同じ系列のプレゼントを貰うかもしれませんし。

 

今のうちにお互いの好みを知っておく。

しかし好みは変わるもの。

そこはいつまでも子どもではないということです。

 

大人になって食べれるようになったものもありますし

いつまで経っても好きなものもありますし。

 

家族として好みをしっかり言える仲になるのが理想です。

 

 

逆に、食べたいものを聞かれて

 

麻婆豆腐かしょうが焼きかな

 

と、(きちんと状況を把握した上で)

2択で答えれる方は、

とても優しくて思いやりがあるな、思いますね。

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com