こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

ポケモンが勇気と夢を与えてくれた。アニメでもゲームでもない、ポケモンだ!【任天堂に感謝】

きっかけは、多分学校で話を聞いたのでしょう。

気づくと長男はポケモンの絵を描いていました。

つられて次女も。

 

アニメだけだったのがDSを始めると一気に加速。

田尻智 ポケモンをつくった男  

読みたいと、自分のお小遣いで買った本。

ポケモン作りたいなぁ、と考えるように。

 

自分の子どもの頃の夢は、

ドラクエ作りたいなぁ、でしたね。

 

 

 

 

 

 

好きこそ物の上手なれ

 

長男が望んだもの、サンタさんがくれた

ポケモンウルトラサン&ムーンの攻略本、

穴が開くほど見てポケモンの種類はもちろん

技や特性もほとんど覚えています。

ポケモンGOでは頼りになるパートナー。

 

長女が持っていたDSのポケモンサン

長男の誕生日に買ったDSのポケモンウルトラサン。

子どもたちで悩みつつ、対戦しつつ遊ぶ。

ゲームにしても効率を考えてプレイする。

小さいながら思考は大人と同じ。

 

ゲーム時間が長すぎて怒ったりもしたが

ポケモンのために何かをする。

宿題・お手伝いにしても動機は不純かもしれないが、

やる気があるならニンジンでもアメでも与えたい。

 

すがりたい思いがあったからだ。

 

 

ポケモンありがとう

 

長男は場面緘黙(かんもく)。

当時は学校で全く喋っていませんでした。

 

ふと、少しでも学校で力になるのならと思い出し、

100均の挟むファイルの中にポケモン雑誌の切抜きなどを入れ

下敷きとして使うようにさせた。

 

ひとりでも寂しくない。はず。

  

tanonobu.hatenablog.com

 

この下敷きを見た隣の席の子(転入生)が

話しかけてくれるようになりました。

お互い心細かったかもしれませんが、

ポケモンという共通点が勇気をくれたのかもしれません。

おかげで少しずつ話せるように。

今では親友となり仲良く遊んでいます。

 

こじつけかもしれませんが

ポケモンが好きで良かった、救われたと思いました。

 

 

 

小学1年は大切な時期

 

話は少し飛躍します。

 

小学校のクラス分けの基準って何なのでしょう。

子どもたちの小学校をを見る限り、出身園・学力、

関係ないみたいですので適当だと思われます。

 

ならば入学前(に限りませんが)にアンケートを取って、

 

1年ポケモン

1年プリキュア

1年仮面ライダー

 

趣味が同じクラスを作った方が話し易いのではないでしょうか。

 

幼稚園とは違う、ここは小学校だ。

 

ごもっとも。

しかし、それで昨今の問題に対応できていますか?

担任がクラスをまとめることができれば必要ないでしょう。

 

学校へ行く意味を考えるなら、

好きなものに対して話ができる場が良いはず。

 

自己紹介から(興味があれば)

普通に話しかけて・話しかけられてそれなりの会話をして

何となく友だちになるのも良いでしょう。

 

そこは子ども同士に任せるのが小学校。

やはり会話ができなければ置いていかれてしまいます。

 

年齢が同じ、それだけのクラス分けに

何か別の要素が加わっても良いはず。

みんなと一緒に授業をする事に変わりはないですし、

それができなくなって対応が後手に回った時点でもうおしまい。

 

学びやすい場を提供する、過剰かも知れません。

ただ授業をすれば良い

特支学級もあるから

それもまた仕方が無いことだと思います。

 

f:id:tanonobu:20191014204453j:plain

 

子どもの頃から任天堂

 

任天堂といえばファミコンで一世を風靡しましたが、

元は花札から始まりそしてトランプ。

 

子どものころの学校、

自分たちを繋げてくれたのはトランプ。

休み時間の教室では

スピード、ページワン、大富豪、お金 など

様々なグループを作り、

男女・クラス関係なく遊んでいました。

 

そうすると校庭で遊ばなくなり

禁止になるクラスも出てきます。

自分のクラスも禁止。担任の一存を恨みました。

 

そうなると悪知恵が働くものがでてきます。

牛乳瓶のフタをトランプにしよう、と。

当時はひとクラス40人オーバー。

すぐに集まりそのまま楽しむ事ができました。

 

 

確かに学校は勉強をするために行くところ。

無駄なものを持って行くべきではありません。

 

しかし、新たに一緒に遊ぶ仲間が増えたり

(減ることもありますが)

何かに対して団結することを教えてくれたような気もします。

 

そこは先生の指示通りの団結で無いとダメなのでしょうか。

 

 

無駄なものに救われる

 

更に話は続きます。

 

新しい筆箱、キャラクターだったりすると

人だかりができて話も弾む。

 

血液型・性格・心理テストなどの本を読んでいれば

人だかりができて話も弾む。

 

マンガ・雑誌はさすがにいませんでしたが、

ファミコンゲームの攻略を書き写してきて

人だかりができて話も弾む。

 

例の下敷きにしても然り。

 

昔の教室の輪、って大きかったように思います。

その分、はじかれた時の反動はすさまじかったですが、

復権するチャンスはいくらでもありました。

 

言い方は悪いですし動機も不純ですが、

興味あるものが仲介してくれて助かったことも多々ありました。

 

俺のものは俺のもの

 

悪いやつもいました。

古き良き時代を風刺しているように感じます。

 

もちろん普通に会話して友だちになる

普通にクラスメイトとして学校生活ができる。

これが理想だと思います。

 

そう言えば昔のあの子は今で言う、

~だったのだろうか?

 

子どもができてから昔を思うと

そう感じる事が多々あります。

自分にしてもそんな無駄なものに助けられました。

 

今の学校で無駄なものって何でしょうね。

 

 

 

好きなゲームを受け継ぐ夢

 

そして今の小学校。

キャラクターの文具は禁止

ランドセルのキーホルダーは禁止

持っていない(購入できない)子どもへの配慮。

子ども同士のトラブルになり得るからだそうだ。

 

主に幼稚園や小学校低学年、

母の日・父の日・敬老感謝の日などの似顔絵は書かない。

配慮しているからだそうだ。

 

 

長女のときは妖怪ウォッチが流行っていた。

しかしペットショップの店員になりたいからと、

一人で遊ぶペットをお世話するDSソフトを買う。

ペットを飼っていない友だちと一緒に遊ぶことができた。

 

次女はクラスでカービィの噂を聞きつけた。

バボちゃんと間違っていたが、

DSソフトも買って長男も遊び始める。

 

それからカービィーの切り抜きも下敷きに挟む。

スーパーマリオは同じ会社だよと教えてもらった。

ヨッシーもいるよ

ワリオもそうだよ

リンクだって

任天堂のキャラクターが子どもたちを引き付けた。

 

ポケモンカービィスーパーマリオ、そしてDS。

ゲームで繋がる友だちでも良かった。

話題に入れる、会話ができる、

普通のどこにでもある光景だと思う。

うちではゲームで救われた。

きっかけをくれて感謝しかない。

 

両親からはゲームは大人になってしなくなる。

マンガも読む暇が無くなる。よく言われたものだ。

 

しかしドラクエポケモンその他のゲームも現役、

アニメ・マンガだって受け継がれているものもある。

 

教科書・ドリル・ノートでさえもキャラクターがいる。

馴染みやすくしているからではないのだろうか。

その効果を分かっているとするならば、

理系・文系・スポーツクラスと同じように

趣味クラスだってあっても良いと思う。

 

勉強には不必要だがそれ以外のことを

望んでいるのは自分だけだろうか?

 

 

ポケモンを作りたい。

幼稚園の頃では考えられなかった未来が微かに見える。

 

これからもあるが、

会話もできるようになった。

友だちができた。

ポケモンが好きで良かった。

 

クリスマス、きっと任天堂スイッチを片手に

リサーチを重ねてどちらかに絞ったポケモンソードorシールド 

どちらかを持ってきてくれるだろう。

 

その思いにサンタさんが応えないわけが無いのだ。

  

 

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

tanonobu.hatenablog.com