こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

無料はてなブログ初心者が震えるガイドライン改定。そこまで気にしなくても良い感じ?

2019年10月より

はてなブログガイドライン改訂があります。

続けてブログを見させていただいていますが、

そこまで気にしてる方はいないような感じですね。

 

そもそもブログって決まりごとありましたっけ?

 

もくじ

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

写真は?

 

他人が撮った写真の掲載は不可。

自分が撮った写真の掲載は可。

 

みたいな風潮がありますが、

これは写真の内容にもよります。

 

 

 

文句を書きちぎったサイトの写真については論外ですが、

その隅にでもメーカーの商品、ロゴなど

分かるものが載っていればダメでしょう。

 

クローラーで内容の整合性など分からないでしょうから

引っかかったものに関しては人が調べる。

通報にしても然り。

 

サイト誘導に関しては

クローラーでリンク先が調べられれば

引っかかってしまうような感じですかね。

 

 

効果をうたってはダメ

 

よく果物とかが切られた断面図のパッケージのジュース。

あれって果汁100%でないと掲載不可って知っていますか?

果汁10%のとかだと果物そのままの写真・絵とか。

果汁5%未満(無果汁)だと果物の絵すらダメとか。

 

無果汁の清涼飲料水等についての表示

https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/representation_regulation/case_006/

 

あれ?紅茶はいいの?とか

野菜ジュースの割合でいいの?

調べるだけ面倒ですが、ブログに関してはそうはいきません。

 

この辺りは耳にしたことあっても、

薬事法・景表法関連云々ってさっぱり分かりません。

おぼろげに、効果をうたってはダメなんだろうな、

ぐらいの理解度です。

 

厚生労働省 広告規制

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/koukokukisei/index.html

 

自社販売ならともかく、アフィリエイト商品を

紹介する説明文、ほぼ引っかかると思います。

 

飲むだけで痩せる

こんな効果があるそうです

 

本来こんな表現もアウトみたいですが、

まったく関係ない広告、アフィリエイトが載っている場合、

ブログの性質上どうなるか見えませんよね。

 

うまい人(慣れてる?)は写真載せて

明後日の方向を見ながら文章を作っているのか

商品のことを説明する人はいないですよね。

大手と言うか、通報あるまで売り続けて

ニュースになるところもありますが。

 

その辺も曖昧というか、最初が怖いというか。 

アドセンスでよく怒られる

ページ単位・サイト単位で広告停止なのか。

それに伴ってアフィリエイトも停止になるのか。

 

薬事法 チェックで検索かけると

色々でてきますが、

皆さんこれ使って記事を書いていますか?

 

薬事法広告表現チェックツール

http://check.yakujimarke.jp/

 

 

広告とアフィリエイトは?

 

ここが一番の問題ですが、

原因は違いますが一発アウトの方もいました。

ちゃんと見ているようです。

 

www.otaku-man.com

 

改定後もすぐ切られそうではありますが、

広告も含めてクローラーがチェックするのか不明なので

有料版ならセーフなのか

通報されなければセーフなのか

とある記事に関係ありそうなアフィリエイト

そのまま貼ってみました。

 

そのほかは消していくページ

とりあえず残しておくページ

無料版は一発アウトではないかもしれませんが

何かしら注意が来れば指標になると思います。

 

勧誘もどこまでアウトか分からない。

スター、はてブのお願いの一文はダメでしょうが、

ランキングサイトの協力とか

ほかブログのリンクとかはどうなるのでしょうね。

 

しかしながら、

オススメブログにひどいのありましたし、

気にしなくても良いのかなぁ、と思いますが。

 

今まで通り普通にしていれば良いけど

様子見で一発退場は勘弁して欲しいですね。

 

対応策等の記事お願いします。

(無料版の方も)