こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

児童相談所も発達障害者支援センターも名称が変われば電話しやすくなるのでは?

2019.9 再構成

 

自分の子どもの成長は気になるもの。

 

初めての子どもだと尚更ですが、

ふたり目以降はそんな暇が無かったり。

 

東京都発達障害者支援センター(TOSCA)

と言う相談窓口があります。

http://www.tosca-net.com/soudan/

 

発達相談だけでなく子ども、

家族(家庭)に関するあらゆる相談ができるので、

気になることがあれば一人で悩むよりも、

聞いたほうが何かしらのきっかけになると思います。

 

児童相談所もそうですが、

なかなか電話しづらいですよね。

 

f:id:tanonobu:20190919203149j:plain

 

教えてくれることはない

 

その施設(管轄)は図書館のチラシを見て知ました。

実際に誰もが問い合わせしているかもしれませんが、

ママ友さんなどからはやはり教え(勧め)

辛いと言うのもあるでしょう。

 

実際に行ってみると熱心な担当の人で(仕事とは言え)

親身に聞いてもらい、某所に通うこととなりました。

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

メリットは何と言っても無料。

それで診断してくれるのであれば、

少し遠くでも通う価値はあると思います。

 

場所によっては職員の人、

委託されてる施設の人が対応。

事務的だったにしても

自分たちがデータ的に貢献してると

思えば良いだけです。

 

そのほか、出産前(一時金等)、検診時、保育園・幼稚園選定時、

緘黙(かんもく)の件を問い合わせしています。

せっかくあるので活用しない手はありません。

 

 

判断は自分で

 

質問は用意して行きましょう。

(電話をかけましょう)

聞きたいことは1,2個をまとめてじっくりと。

 

何回か問い合わせしたこともありますが、

こんな施設があるけど、と勧められたことはありません。

直接ここに行きたいです、と連絡しないとダメでした。 

 

(今は対応も変わっているかもしれませんが) 

それも対応する人によりけりなのでしょう。

思った対応でなければ他の所へかけ直す。

上司に直接問い合わせればいいのですが、

そこはお役所仕事。結果が変わることはないでしょう。

(炎上すれば別でしょうが)

 

 

通って効果が出るわけではない

 

 

効果は人それぞれ

現状を理解する

 

息子は家以外で笑える場所ができた

 

それだけで十分です。

 

緘黙(かんもく)は回復してるとは言え、

ほぼ初対面の先生とうまく会話もできるはずもなく。

(新学期)

委員会・クラブを決めるときに、

第一希望には希望者が大勢いたので

じゃんけんになりましたが参加できず、

結局、残り物の委員会に回されたと嘆いていました。

 

自分の意見を言わなかった息子も悪いかもしれません。

やはり理解している人ばかりではないので、

自分自身が損をしてしまいます。

親としては、それを見るのが辛いですし、

その反動がきっかけで、不登校になったりしないか。

 

嫌いなことをするために学校へ行く。

人生良い事ばかりではないよ。

 

ストレスを克服させようとする教育が

学校を余計につまらなくさせているような感じがします。

 

委員会・クラブの日は

ぶつぶつ言いながら学校に行っていますが。

 

f:id:tanonobu:20190919203139j:plain

 

心のスキマお埋めします

 

 

心に隙間があると惑わされてしまう。

いつも気を抜いては駄目だ

 

と言う人もいるかもしれませんが、

話半分でも聞く余裕を持ちつつ、

誰かに気になることを聞いてもらえば、

その心の隙間は、自分を助けてくれるような気がします。

 

 

うちではもっと楽に、テキトーに

をモットーにしていますが、

こればかりは性格的に左右されるのでしょう。

 

自分の育児方法に合ったもの同士を

探すのもいいかもしれません。

昔から確立されたものもあります。

 

しかし2人目、3人目が前の子どもと

同じ育ち方とは限りませんし、

もちろん最初の子どもにしても

ほかの方と同じ育児方法が良いとも限りません。

 

 

気分転換でも良いので、(名称は悪いですが)

児童相談所などに電話してみてはどうでしょうか。

 

聞こえない声に惑わされるのではなく、

本当に聞こえる声に耳を傾けることも

必要だと思うのです。

 

tanonobu.hatenablog.com