こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

関わりたくないのにアドバイスして精神的苦痛を与えているのに気づかなければ妖怪になる。

 

自分がピンチになったとき

アドバイスが力強いときもあります。

 

しかし、

ただそれを見たことで次の機会をうかがい

むやみやたらに手を出してしまえば

いつか妖怪になりますよ。

 

もくじ

f:id:tanonobu:20190818201043j:plain

 

 

 

 

おせっかいにも限度がある

 

ありがた迷惑ではないが、

 

希薄な関係であるのに

気軽に関係性を求める

 

昨今のニュースにより

相手を思いやる気持ちも分かるが、

やはり、それあなたの感想ですよね?

 

ただ境遇が同じと言うだけで

同じ考えとは限らない。

 

 

高級ホテルのケーキ食べ放題

 

自分が食べれる量・制限時間の中

多くの種類のケーキに目移りするだろう。

 

例えば

1個1000円はするであろうケーキの中に

1個100円のケーキが入っていたとする。

 

食べたときの感想は人それぞれ。

逆もまた同じこと。

 

身内から美味しい、

と言われれば試すかもしれないし、

はっきり感想も述べられるでしょう。

 

しかし、偶然そこに居合わせた人に、

 

感想を言われる

感想を求められる

 

人となりが分かれる瞬間でしょうが、

それは余計なお世話なのです。

 

 

 

 

 

自己責任に自己責任を 

 

情報の取捨選択は自分である以上、

それを実行した責任も負うことになる。

  

言ってくれれば良かったのに・・・

 

誰でも失敗するかもしれない人へ

気軽にアドバイスできるはずが無い。

 

中には世話を焼きたい人もいる。

それぞれ背景が違うのに

アドバイスしたところで

 

できなかった、どうしてくれる

 

と、争いの種が増えるだけ。

 

もしも聞かれる事があれば、

自分ではこうしていた、

(※自己責任)

といったアドバイスで良いだろう。

 

 

 

 

少しだけ視野を広げよう

 

ツイッター、ブログなどで

その人の考え方を知った上でのアドバイス

かなりハードルが上がっている。

 

それだけ?

 

いつも相手が納得してくれるとは限らない。

お互いの評価を下げるかもしれないのだ。

 

Webでの付き合い方は、

いわゆる足長おじさん思考

が良いような気がしている。

 

そもそも曖昧な質問に答える必要は無いし、

相手の答えは決まっているものだ。

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com