こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

【文科省】2020年から始まるキャリア・パスポートって何だろう?

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

 

2020年4月より全国の小・中・高で

キャリアパスポートが導入されます。

 

「これまで」を「これからに」活かそう!

 

 

もくじ

 

  

 

 

 

ポートフォリオから得られる自己満足

 

ポートフォリオ(教育の記録)を振り返ることは

教師・児童・生徒に有意義である

 

何故なら、

 

全国アンケート調査で高評価

 

加えて、 

モデル校でもデータを取り、

 

教師・児童・生徒は自己の生き方、

進路を真剣に考えている。

 

自分自身に問いかけるアンケート。

否定する人はいないはず。

 

将来の自分をイメージして

それをみんなが支えていこう!

 

 

 

 

 

自分で描く未来予想図の意味

 

将来の夢+自分のことなどを

「自分を知ろうカードに」

記録するみたいですが、

自分の通知表を

自分で書くようなものでしょうか?

 

 

f:id:tanonobu:20190714152758j:plain

文科省より抜粋)

 

例えば小学校6年の一部、

1学年で大体10ページぐらいのものを

(現時点で(2019.7)これが冊子になるのか不明)

決まった?時期に書き込んでいくようです。

 

 

キャリアパスポート=学習活動

→作成時間をどうするのか?

 

2020年より教育改革ラッシュですが、

記入の授業(時間)が取れるのか?

 

 

本人の意思に反した記録をさせない

→書込む内容をチェックするのか?

 

書き直しが無いのなら、適当に書けば良い。

書き直しがあるのなら、先生の主観になってしまう。

 

 

大人(家族・教師・地域住民)が対話的に関われること

→対外活動(ボランティア)など必須?

 

相談して将来を決めました。

とさせたいのでしょう。

 

目標を掲げる・・・ 

 

東大合格

 

って張り紙を

机の前に貼っておくイメージ。

 

 

 

 

 

 

あとは学校・先生に丸投げ

 

学年間の引継ぎは、原則、教師間で行うこと

 

校種間の引継ぎは、原則、児童・生徒で行うこと

 

キャリアパスポートは個人情報なので、学校で管理すること

 

 

 

f:id:tanonobu:20190714150136j:plain

 

Q.なぜ唐揚げは美味しいのでしょうか?

A.鶏肉だから

 

タコやフグの唐揚げも美味しい。

唐揚げ=鶏肉

と、断定するのは、

ゆとり教育を始める頃に似ているようで

物事を一方的にしか見ていないのは

お役所仕事と言うか。

 

 

 

本資料を参考に(地域性も考慮?)

都道府県教育委員会等で

カスタマイズして下さい、

とのことですが間に合うのでしょうか?

すでに準備を進めている、

わけではありませんよね・・・。

 

統一してないのなら転校したときは?

新たな管理場所が必要 

 

 

降って沸いたようなキャリアパスポート。

現時点で気になる点をあげてみましたが、

一覧にしてしまえば、データも取りやすいでしょう。

 

そもそも集計するの?

誰が? どこが?

天下り団体?

 

 

一度に始めたほうが手間が無い、

指示してしまえばあとは現場の責任。

 

 

2020年、夏休みの短縮(一斉登校)、

イベントの廃止などあるかもしれません。

各学校に一存されるのでしょうが、

混乱する現場が目に見えています。

 

 

文部科学省キャリアパスポート導入に向けた

調査研究協力者会議 配布資料より)

 

 2019.7

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

tanonobu.hatenablog.com