こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

転職するのは当たり前。きっかけを作るのはいつもハラスメント。

どうして会社を辞めるのか分からない。

頭の中で考えることは、

自分が積み上げてきた中での一般論。

 

「誰かが辞めても替えはいる」

「子どもがいるから辞めれないだろう」

 

その会社では通用するかもしれませんが、

 

それ、あなたの感想ですよね?

 

もくじ 

 

 

仕事を辞めてから後悔することはない

 

「仕事が気に入らなければ辞めれば良い」

 

転職したら分かること。

 

前の仕事の方が良かったなぁ・・・

 

となることはありません。

だって、

 

嫌だから辞めた仕事なのに、

また更に嫌な仕事に就く人っていませんよね。

 

 

時給は時間帯で決まっている

 

スーパーなどのレジ。

日中は多くのお客さんが訪れる。

接客態度も気を抜けない。

 

夜はお客さんはまばら。

時間が空けば、同僚と話くらいできるし、

姿勢を崩すこともできる。

 

時間に対する接客人数は

日中の方が断然多い。しかし、時給は安い。

 

夜間の方が時給が高いということは、

時間帯で時給が決まっていることになる。

 

日中しか働けない人

夜間しか働けない人

 

経営者が判断してのことだろうが、

仕事量・能力に対してではなく時間帯で決まる自給。

 

夜は物騒ですから。

 

f:id:tanonobu:20190707142309j:plain

 

 

とある小企業で働くtanonobuさんの不満

  

例えば就業中の小休憩

 ※そんなシステムはありません

 

 

コーヒーを飲みに10分

タバコに10分

お化粧直しに10分

こっそりソシャゲに10分

 

休憩=仕事を止めるのであれば問題ないでしょう。

離席=休憩ではないはずです。

 

 

1時間に1回がトイレ

1時間に1回がタバコ

1時間に1回がタバコとコーヒー

 

 

社長、就業時間はどうなっていますか?

 

 

営業が車で得意先に向かう勤務時間

 ラジオを聴き、タバコを吸い、ソシャゲして、寄り道して

 

内勤が事務所で8時間

 来客もあり、電話もあり、通常業務もあり、Web巡回もあり

 

「営業は外に出てるから給料の差があるのは仕方ない」

 

 

内勤の方が楽と思われている

 

  

f:id:tanonobu:20190703201940j:plain

 

 

年功序列って時には必要

 

勤続年数や能力で給料・手当などの差は仕方ないとする経営側。

それはさておき、

 

同じ日にバイトを始める20歳と16歳。

経験無いのは同じ、スタート時点で能力は一緒。

 

18歳未満の時給はなぜ安い? 

 

勤続20年。そこそこベテランの社員。

中途採用の年上の社員

 

どうして給料が一緒?

 

 

同じ場所、同じ仕事をしてるのになぜ時給が違う?

 

勤続年数が長いのに、どうして給料が同じなんだ!

 

勝る仕事量や能力を持っている(と思ってる)のになぜ時給が違う?

 

 

経営者から見れば、普通のことかもしれないけど、

そんな普通では考えられなかった不満を

今では手軽に表現できてしまう。

 

パワハラ・セクハラ・バイトテロ

 

昔からあったことがニュースになりやすくなっただけ。

 

就業時間中に手を抜くようになり

ブログを書いたり

Web巡回して会社の生産性は上がらない。

 

「ギクッ」

 

 

f:id:tanonobu:20190706172711j:plain

 

 

「営業が内勤を食べさせてる」

 

そんなことを言う人が未だにいます。

 

営業の努力の成果、対価はお金(給料)

 

内勤の努力の成果は何でしょうか?

 

接客・電話対応、書類を作るスピード、

見えない評価はたくさんあるでしょう。

座っているから、冷暖房完備だから。

 

それらの対価は拘束された時間。

 

「誰かが辞めても替えはいる」

「子どもがいるから辞めれないだろう」

 

それは大きな間違いです。

 

いい加減に気づいてください!

 

すでにバイトテロと同じ構図。

家族も大切、自分の体も大切です。

 

ここで働く意味を考えると

御恩だったり奉公だったり。

好きな仕事ができることに越したことはありませんが、

精神論で働いていていませんか?

 

分かって欲しいけど分かってもらえない。 

そんな不満が、バイトテロを起こし

転職をし辛くしている原因なのでしょう。

 

やはり、

動き出さなけりゃ何も始まらない、ですよ。

 

 

tanonobu.hatenablog.com