こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

よし、令和になるしブログを始めようって人も多かったのでは?

今週のお題「2019年上半期」

 

意外とすんなり受け入れられた新元号

令和は好機&転機の年にしよう

そう言い聞かせてはいましたが、

時の流れに身を任せるわけでもなくただ眺めているだけ。

長かったGW、子どもたちは嬉しかったでしょうが、

家庭と会社に与える打撃は予想以上に大きかった。

 

 

 

f:id:tanonobu:20190630083417j:plain

 

 

倍の休みであれば、使うお金も倍だろうー

当初予定の最大値が吹っ飛びましたが、

それでも子どもたちのことを思えばこそ。

これから夏休みに向けて節制、仕事も頑張ろう。

 

しかし、

月の1/3が休みになるならば、売上げも1/3くらいだろうー

そう見込んでいた会社。忙しさが利益に直結するわけでもなく

労力に見合うものではありませんでした。

結果、給料&ボーナスは減給。

悲しいかな、小さな会社の対応は素早いのです。

 

上半期でこれだけの動き、

下半期で挽回できるだろうか?

 

 

長期休み&令和が残した爪跡。

書類の訂正依頼などに莫大な時間を費やし、

システムの一時変更、

新OS、10月の消費税・軽減税率対応に向けて

会社システムを総取替えの準備等々。

上半期は色んな意味でボロボロとなりました。

これを挽回するには、

通常の業務、訂正の業務、追加の業務、

少なくとも3倍の労力がいることでしょう。

 

「これ以上、下がることはないだろうから」

 

令和最後の年、

令和最初の年、

社長から同じ事を聞きました。

 

 

無理することはないと思いながら

仕事、ブログも様子見だった感はあります。

そろそろ会社に期待するものも無くなりました。

いざと言うときのための形作り、 

下半期は攻勢に出なければなりません。

そう考えると、4・・・5倍の労力をかけないと

これから先はもっと辛くなることでしょう。

 

 

2019年下半期始まります。