こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

2020年教育改革まであとわずか。英語の不安、これから入学する子が羨ましい。

2020年より教育改革の一環として、

小学校に英語科目が必須となります。

今も外国語活動として、外国人講師の方の授業もありますが、

遊びを通して英語と触れ合う、といった感じです。

 

 

f:id:tanonobu:20190626202832j:plain

 

「ジュピターさん(英語の講師仮名)、

今日は授業ないのに給食を食べにきてたよ」

 

中学校では本格的に英語が始まり、

教科書、テキストもどっさりで、予習・復習・宿題に四苦八苦。

 

「これ何て読むの?」

「思うがままに読んでみれば?」

 

何度も聞いてきます。

長女は(先入観から)英語が苦手と言っていますが、

どうも宿題とかを見ていると、根本的に分かってないみたいでした。

 

まず単語が読めない。

教科書準拠で授業を進めているため特に読む練習は無い。

恐らく先生たちは、

小学校でローマ字ぐらいは習っているだろうから、

そのまま読めるだろう、そんな風に思っているのでしょう。

 

 

自分たちの頃は、中学校からヨーイドンだったから、

スタートラインは一緒でした。

そこから理解力の差はあっても、良いも悪いも普通の授業。

怪しい日本人の先生が英語の授業。

たどたどしい英語で教科書を読み、

正しいヒアリングもよく分からないままテスト。

単語を覚えておけば何とかなる国語のようなものでした。

 

しかし今は、小学校で教わったことが前提。

しかもすごく中途半端な時期なので、

外国語授業を取り入れてる学校(クラス)・塾などで

かなりの差をもってスタートしているようです。

 

2020年以降に小学校入学だと

スタートラインは同じと思われますが・・・

 

よく聞く単語でも読めなければ分からない。

人称、be動詞の存在すら分からない。

・・・授業を聞いているのかい?

 

 

f:id:tanonobu:20190627200041j:plain

 

中学校の中間テスト、

英語:最高100点

   最低0点

   平均62点

 

中学校最初の中間テストって

平均にしても90点以上じゃなかったですか?

こんなの楽勝。英語なんて簡単じゃん!みたいな。

ほとんど英語と接することがなかったおっさんでも、

この英語のテスト問題を見れば分かる難易度です。

 

教科書準拠の授業のままでは、

この差は埋まることは無いでしょうし、

理解しないまま「英語なんて面白くない」と考え

そのまま分からなくなっていくことを危惧しています。

 

やはり興味が無いことについては勉強しようと思わない。

先生も個別で教える時間もありません。

ただ単に、長女の理解が悪いようなところもありますが、

学年の平均点の悪さが物語っているように思います。

 

 

「A子ちゃんは、外国語授業のときはいないよ」

長男のクラス

もちろん本人も喋るはずもなく。

 

「B子ちゃん、外人の先生と話せないって」

次女のクラス

本人は(理解してるかどうかは置いといて)

喋りながら楽しく授業。カードゲームですが。

 

小学校でもとにかく進む授業。

理解力より吸収力に賭けている感じです。

やはり中途半端な時期により、簡単な遊びとは言え

かなりの差が出てくることでしょう。

少しでも英語に慣れるという面では賛成ですが、

今の小学校の授業の有様、

 外国語授業のときは図書館へ避難する

 自由に立ち歩ける

 そのた児童の授業妨害等々

これでは意味がないと思うのです。

 

 

だから塾へ行きましょう!となるのは当然の流れ。

 

 

英語を話している人を見ればかっこいいと思うし、

駅で何回か声をかけられたときも、スルーしたり

「ざっついんふぉめーしょん」

と指差したりでおもてなしは出来ませんでした。

 

これからの時代・・・に限らず

英語ができるに越したことはないわけですが

小学校から英語の授業が必須

と言うのも安易なような気がします。

 

 

これまでの教育改革で身になった事柄は何でしょう?

 

詰込みすぎての子どもたちがついて行けない

(ストレスによる暴走)

ゆとり教育で心のケアも同時に行う

(そんな名目も)

それでも落ちる学力と広がる差

教育を根底から変える改革

 

 

wikiを見てみると、

一応1980年代から片鱗を見せていたようです。

そう言えば、ゆとりの授業なるものが

週一回あって自由な時間だったような・・・。

 

 

この英語の授業(に関して)は年間で35単位ほど増えます。

怪しい日本語使いの子どもたち、

古文が必要かと言われれば、全く持って無駄でしょうし、

それ以前から英語と言うのも・・・。

 

結局、ゆとり教育で分かったことは、

詰込み教育の方がマシだった、と言うことで

ゆとり教育推進派とゆとり教育否定派の勢力が逆転して、

詰込み教育推進派(国際派を取込)と詰込み教育否定派(何か?)が

また同じことを繰り返しているように思えます。

 

結果がすべての役所の方々は、

確固たるモデルケースが必要なのでしょう。

 

 

英語教育はやぶさかではありません。

しかし現段階、教育現場の整備がされてない中で、

新たな改革をしても「もったいない」と思うのです。

理解できないのなら塾へ行け、と暗に言っているのでしょう。

 

ふるいにかけることに文句は言いませんが、

だったら、

普通クラスと英語クラスに分ければ良いのでは?

と思うのです。

英語に限らず、国語だって理科だって何でも良い。

学校の特色作り、選択性の幅や自由があっても良いと思います。

 

小学校でまだ早い

これはもう通用しなくなっています。

思考ばかり大人になるのもどうなのでしょうね・・・。

 

 

あと、忘れてはいけないのが、

2020年、小学校でプログラミング授業も始まりますね!

 

怒涛の教育改革、もうすぐ開幕です。

 

 

 

 

 

と、考えていては何も始まらないからやってみる。

やってみなければ分からない。

 

tanonobu.hatenablog.com

 

 

tanonobu.hatenablog.com