こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

部位・味付けで唐揚げはパワーアップする。

とある営業で出かけた日、お昼ご飯を食べようと入った台湾料理の店。

ランチメニュー2種類、唐揚げ定食を頼みました。

家族でやってるらしく、こじんまりとしていましたが、

多くのお客さんが入っていました。

安くておかずも多く、ご飯のおかわりもできる。

初めて来て、恐らくもう来ることのない場所ですが、

とても満足しました。

 

 f:id:tanonobu:20190607085933p:plain

 

それは台湾唐揚げと言うらしく、

衣はさっくり、少しピリッとスパイス的な味で

どちらかと言うと、ザンギ?フライドチキン?みたいな感じでした。

 

 

唐揚げ専門店も増えてきていますので、

デパ地下のお肉屋さんとかも含めて、よく買いに行きます。

それぞれ特色があって美味しいのですが、

(当たり前ですが)やはり唐揚げでした。

 

 

と、また食べたくなっても行ける店ではありません。

スパイス的なものを調合できるわけもなく、

家で作ると普通の唐揚げになってしまいます。

 

とりあえず海外の調味料と言えばカルディ。

ぶらりと出かけてみました。

・・・あるんかい。

そう突っ込みつつ、とりあえず買ってみました。

 

 

f:id:tanonobu:20190607085244j:plain

 (あえて作ってる最中です)

 

子どもたちも喜ぶだろうと思い、

1kg以上の鶏肉と格闘すること約1時間。

 

  

肝心の味は・・・か、辛い。山椒的(花椒)な味?

けど美味しい。もりもりご飯を食べれます。

思ったより全体的にしっとりしていて、

これはこれで美味しいですが、

もう少しサクッとした方が良いような?

と、

長男はうまいうまいと食べていましたが、長女と次女はギブアップ。

味の濃さにばらつきがあるので、

大人でも舌が痺れる感じもあるくらいです。

でも美味しい。

 

 

またリピート(リベンジ)しますが、

・肉は大きめに薄く切る

・もっと多めに片栗粉をつける

 →タピオカ粉の方が良いかも?

・子どもたちのために薄めのタレを作る

・高温で揚げ直す(二度揚げ)? 

を心がけて。