こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

灼熱地獄の運動会。それでも感動を見つけないとダメですか?

2019.9再構成

 

運動会で少しクレームらしい話も聞いた。

 

親:裸足だと(自分の子どもが)危ない

先生:裸足だと(競技のとき足を踏んでも)安全

 

どちらの言い分も正しいとは思いますが、

今どきの小学校、こんなことで競技が遅れるのです。

 

もくじ

 

f:id:tanonobu:20190902203646j:plain

2019.5

記録的な気温となった週末

 

暑さ対策をした小学校の様子をテレビで見ました。

・児童席にテントを設置

・帽子の上からハチマキ

・霧吹きでシュッシュッ

・種目カットしてお昼休みを長く

・教室はクーラーをかけて開放

等々

分かっているから対策をする。

素晴らしい小学校ですね。

 

練習が本番じゃないのに

 

リレーの選手(補欠)、応援団などは

朝練・昼練・放課後練を毎日頑張っています。

やる気があるから立候補する。

周りは盛り立てる努力をせねばなりません。 

 

子どもたちの小学校でも運動会。

楽しみにしているので早寝早起き。

朝ごはんも食べて元気に登校しました。

 

史上最低の運動会

 

暑いと分かっていて対策をする小学校がある一方、

全くと言っていいほどのノープラン。

 

練習中に怪我をした子がいました。中止にはなりません。

騎馬戦の競技方法変更、組体操はほぼダンス。

 

GWで練習の期間が無いから、

各学年のダンスは簡素に。(ただ長いだけ)

ダラダラ競技を続けるだけでした。

そんな中携帯が鳴り、学校からの呼び出しが。

 

 

「次女さんが保健室にいますので来てください」

 

急いで行ってみると、顔は高揚し鼻血を出して運ばれていました。

帽子もかぶらず演技をしてる子ばかり。

グランド上は35℃以上はあったでしょうか?

お風呂でのぼせているようなものだろうと思います。

 

元気が取り柄、体調万全の次女が倒れるとは・・・。

その他、熱中症で運ばれた子が数人。

サイレントで病院まで運ばれた子が1人(以上?)

 

 校長先生の裁量。一般的な小学校の在り方。

 

お昼休みだけ体育館、一部廊下は

開放していますが、とても入り切りません。

みんな開幕ダッシュで席を取ります。

 

自分たちは校庭の日陰でご飯を食べました。

もう休むかと聞いた所、

 

「ダンスリーダーだから最後までやる」

 

そこまで自分を犠牲にして、

無理する必要は無い気もしますが。

日頃の教育の賜・・・。

 

 

運動会って必要ですか?

 

今年は特別だったー、で済まさないためにも

父母会の希望として、学校に申請するとのことです。

 

熱中症指数計を(複数台)設置

→アラームが鳴れば競技中止

・(児童)観覧席にテント

・(手動)噴霧器

・競技に帽子必須

その上で、種目カットや時短などを考える。

 

娘が大事にならなくて良かったですが、

何かないと考えないのか、

何があったら考えるのか、

と問い正したくもなります。

 

体調が悪いかもしれないけど、

年に1回だし、みんなに迷惑かかるし・・・。

親も子どももそう考えがちです。

 

そろそろ運動会のあり方、

本番だけじゃなく練習もそうですが、

本気で考えてもらうわけにはいきませんか?