こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

競技がない運動会も良いと思いませんか?

これから運動会シーズンです。

毎日の練習でへとへとになってすぐ寝てくれるので

GW明けてからは、静かな夜を過ごしています。

 

 

運動会って何でやっているのでしょうか?

イギリスから日本海軍を鍛えるために導入されたとか、

国威発揚、富国強兵、健康増進などを目的としたー。

wikiより)

軍国主義の名残みたいな感じですが、

勝ち残った者が昇進できるみたいな、

競争させるのが目的だったと思います。

それから軍国的な要素が消え、

競技すること、それが運動に変わり

地域性などが加わって、見せる演技も増えて行った。

まとめてしまうと惰性でしょうが。

 

 

自分たちの頃は、中学校で棒倒しが廃止。

それ以上に多くの怪我を生んだ種目、

騎馬戦はより過激に、組み体操はより高く、複雑になりました。

花形でもある種目は、やらなければならない

義務みたいなものがあるのでしょうか。

怪我をする危険を乗り越えて発表することができる競技。

よくぞ厳しい練習に耐え抜いた。そんな雰囲気に(大人たちが)

酔っているだけなのではないかと思います。

自分たちのときですら、骨折、捻挫、めがねが壊れたり。

練習でも本気の騎馬戦、切り傷擦り傷は日常茶飯事でした。

やはり浅ましい男子としては、

女子の声援が欲しいと躍起になる頃ではありますが。

 

確かに、大人数で踊る演目、学年で出来が違ったり、

地域の伝統舞踊などは後世に伝えるという面で

大切だったりしますし、うちの子があれだけ踊れるなんて、

と感動もします。

 

と、

全国での事故が表面化したニュースが増えたときに、

小学校では、上から降りてきたであろうプリントをもらいました。

 

・棒倒しは中止

・玉入れは玉を変更(豆類から綿に)

・騎馬戦は4人騎馬→6人騎馬に。総当たり戦はなし。

 ほぼ同体格、同性の1対1の勝負のみ。

・組体操は中止・・・

これにPTAを含め父母が待ったをかけました。

6年生の集大成とも言える、伝統の種目を中止するとは何事だと。

先生たちは良くぞ言ってくれた、その旨を上に申し入れして、

安全第一ならやって良いよ(一応は止めたから後は知らないよ)

とお墨付きをもらい続けてるわけですが。

 

6年生(と5年生)の組体操、何回見ても感動します。

自分の子が出ているときは、涙しました。

勝負の中で生まれるクラスの一体感、

勝った喜び、負けた悔しさなど、様々なドラマも生まれます。

しかし、成長した姿を見れるのであれば、

無理?に競い合わせなくても良いし、

何も組体操じゃなくて良いのでは?

どこかの大学がやってる団体行動のとか面白そうだし、

難しい?ダンスでも良いような気がします。

 

今の子どもは運動が不得意な子が増えているー

 

運動能力の低下はデータとして出ています。

それならば昔と同じ事をするのではなく、

もうちょっと気の利いた種目、

それこそマンガで見るようなパン食い競争とか、

借り物競争みたいな、和気藹々とできる運動会が

できれば良いのに、と思っています。