こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

子どもたちがユーチューバーになりたいって言ったらどうしましょうか?

時事的お題みたいな。

 

 

言い出さないとは思いますが、とりあえずは止めるでしょう。

それで、諦めるのならそれまでだし、

実はこっそりデビューしてて、これだけ儲けてる、とか聞けば

じゃぁ、やってみろ、と言うかもしれません。

 

 

この際良し悪しは二の次ですが、

顔出しで放送していることには、勇気があるなと思います。

意図も成功するかも置いときますが、

ブームがあるとすれば、乗っかってくる者もいるでしょう。

対処するのか、丸め込まれるのかは見ものです。

ただ、数年経ってから、

あれは親にやらされた、自分はやりたくなかった、

までがワンセットとならないように、頑張って?ほしいものです。

 

今回の例と同等とは言いませんが、

登校拒否の子がユーチューバーになりたいと言われれば、

ひょっとしてきっかけになるかも、と思う親もいると思います。

それは手助けすることでしょう。

やり遂げれば、また学校へ行けるようになるかもしれない、

もしくは、学校へ行かなくてもこの子の居場所がここにある。

そう考えたとしても、

一度は止めて別の道を探してあげたいな、とは思いますが。 

 

 

何となく「今しかできない」を盾にして

逃げてる(逃がしてる)ような気がしますが、

親が子どもをダシにした商売なんてザラだし、

その家族が、あぁ、そういう人なんだって思われるだけで、

特に気にも留めないそれ相応の人たちなんだろうな、と。

 

小学校へ行かなくても大成した、と言う結果があるとして、

だから小学校へ通わなくて良い、と言う人は、

大多数の子が小学校へ通っていたから言えることでしょう。

もし小学校が無くなって、すべての人が大成するのであれば、

とでも喜ばしいことだと思いますが、そうなりますか?

これで、不登校の形が変わるかと言われれば、

別の要因が出てくるだけで、堂々巡りになるだけだと思います。

 

「やってみないと分からない」

新発売の商品やメニュー、ゆとり教育しかり。

鳴り物入りで始めたことに対して称賛があったにしても、

世論なんて変わりやすいもの、ただの言ったもの勝ちでしょう、と。

 

「失敗してから学ぶこともあるだろう」

その発想がすでに堂々巡りでしょ?

 

 

 

「ユーチューバーデビューする!止めても無駄だよ」

「これだけ言っても分からないのか!」(びたん)

「通報。お父さんいなくなって、めでたしめでたし」

昨今、家庭内での親の暴力も逮捕されるかもしれません。

その家庭でしか分からない事情を、

ビンタ1発で崩壊させる可能性。

話し合いで解決できる家族関係が理想ですが、

それって余計なお世話のような気がします。

 

ユーチューバーに限ったことではありませんが、

アイドルになる、芸能人になる、この人と結婚する、はたまた・・・。

親が気に入らない職業にしても、事柄にしても、

親が子どもを止める術はどうしましょうか?

 

 

 

どうにもこっちのイメージが強くてですね・・・

   ゆたぽん