こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

寿司以外も楽しみな回転寿司。もしファミレスの寿司が美味しくなったら・・・行かないか。

令和元年初日はスシロー。

今日はお昼前に予約を取っていました。

子どもたちは、朝ごはんこんにゃくゼリー1個のみ。

気合が入っているというか、末恐ろしい。

 

 

f:id:tanonobu:20190503170636j:plain

※画像は一部です。

 

お寿司はいつも通り美味しかったです。

ゆったり約1時間。腹八分ぐらいで、

子どもたちは、フライドポテトとデザート、

自分は竜田揚げとアイスカフェラテ。

コーヒーなら何でも良いんですけど

たまたまカフェラテにしたら、美味しくないんですよね。

※個人の感想です

 

「牡蠣に合うワインなんて存在しないんですよ」

 

魚魚してる生臭い口に合わないコーヒーと言うか、

ドリップしてるのか、パックのコーヒーなのか知りませんが、

牛乳と言うかミルク的な成分が合わない?と言うか。

あー、

くら寿司のカフェラテは、濃くて美味しかったのになぁ。

ん、 

・・・今日のフライドポテトは量が少ない。

他の流れてる注文品を見るとあきらかにてんこ盛り。

貧乏性とは思いますけど。

子どもたちが、シール集めにいつも注文する

抱っこ寿司の手巻き。最初から納豆がこぼれてたり。

と、流れる注文品とか見るとネタが落ちてたり。

 あと、お昼前の早い時間だったから?

ガリの(入ってる)上の部分は凄くおいしかった。

けど、下の方が漬かりすぎ?で辛いのなんのって。

 

GW真っ只中。あたふた忙しいのも分かるけど、

ちょっとしたことが気になった。

 

美味しい、かわいいキャラクター、お店の雰囲気やサービス、

総合してダントツだったから、通っているスシロー。

例え小さなことでも、粗が目立ってしまうと、

かわいさ余って憎さ百倍じゃないけれど、

何倍にもなって返ってきて、致命傷となりうるわけで。

 

 

子どもたちにとって、ファミレスの唯一の良さはドリンクバー。

お店によって設置してる機械も違うけれど、

ココスのドリンクバーがお気に入り。

だけど、美味しいお寿司を置いて評判になったとしたら・・・

値段によるだろうけど、行かないかなぁ、ってなると思う。

それこそスシローにドリンクバー置いてくれたら良いけど、

お客の回転率とか云々の話になってしまうのだろう。

 

びっくらぽんが楽しみで通ったくら寿司

値段の安さと変わったメニューのはま寿司を経て

味が勝負のスシローになった。(他のおすし屋さんに失礼ですが)

そうするとこの先は、回らない寿司屋

はたまた別の回転寿司、または1週回ってくら寿司になるか。

 

「こんなのは本当の寿司じゃない。できそこないだ。」

 

昨今のスーパーなどは、そこまで悪くない味だと思う。

スシロー行って6000円くらい。

それこそお高い刺身を買って、家で作れば良いような気もする。

でもやっぱり家族でお出かけして外食する、

 

子どもの頃、

母は買い物、父と兄弟とデパートの屋上でお昼まで遊んだ。

お腹が空いて、食事専門店フロアはどこも混んでる。

車を走らせてから行く場所、ファミレスでなく(回転)寿司。

 

今みたいに派手じゃないし、

一皿100円でもないのに、

いつも行く場所だった。

 

親父も無理してたのかなぁ、としみじみ。