こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

緘黙(かんもく)って知ってますか?12(※うちの場合)

 

分からないことを聞きたい。

VS

分からないことを教えたいけど

何が分からないか分からない。

 

 

上級生たちと遠足。

大きな公園で遊び、お弁当を食べる(おやつは抜き)

さすがは上の学年と言うべきか(慣れているのか)

「~する?」

「~こっちがいい?」

自然と相槌に持ち込まれて、うまく乗り切れたそう。

一緒に遊んでもらって(遊ばれて?)楽しかったみたいです。

 

 

そんな構図のまま数週間の練習を経ての運動会。

10月の方がいいのでは?と思ったけど、

昨今、イベントが多すぎ&中学校とかぶらないようにと

GW明けに運動会を開催するところも増えているそうです。

 

 

かけっこ、玉入れ、綱引き、ダンス等々

死に物狂いで説明に聞き入ってたことでしょう。

「授業態度が良い」

毎回言われ続けました。当たり前です。

本人にとって死活問題。

授業もそうですが、真面目にノートを取っていました。

(綺麗なわけではない) 

 

f:id:tanonobu:20190408112642p:plain

 

運動会。

やはり学校で見ると余計に小さく見えてしまう我が子。

きょろきょろしている感じがします。

 

かけっこ、猫背になりながらむちゃくちゃな走りで何とか。

6人中5着。転ばずに走れただけでも・・・。

玉入れ、・・・外から眺めるだけ。

君子危きに近寄らず?

あさっての方向に逸れた玉を追いかけて投げるだけ。

綱引き、何故か一番後ろ。

一番重い人を一番後ろにするんだけど、まぁ。

案の定引っ張られて負ける。

お弁当、楽しそう。

ですが耳元ですらしゃべってはくれません。

本来お祭り騒ぎが好きな子。

家では静かにしろ、と怒るくらいうるさい子。

こんなイベントでしゃべれないのは

とてもつらいと分かっていてもどうしようもできない・・・。

と、こっそりおやつにポケモンエッグ。

中のフィギュアに喜びながらお昼休み終わり。

 

 応援合戦、やはりちょこんと眺めてるだけ。

他のみんなの騒ぎように、うずうずしてるように見えます。

 

「ダンスではお手本をしっかり見ながら一生懸命踊っていました」

通知表の先生の言葉。

ダンスもきちっと(回りを確認しつつ)踊っていました。

 

そんな姿を見つつ、

「やっぱり一度、専門医に見てもらおうか・・・」

 

数年の間、夫婦での結論も出ていませんでした。

何を悠長なことを・・・と言われそうですが、

体験談などの本も読み、サイトも見ました。

マンガは息子にも読ませました。

 

場面緘黙

 

転機があれば、好転するのは当たり前ですが、

結局本人の意思(捉え方)次第というのが引っかかってました。

理解でき(て)ないうちに、

その意志と呼べるかもしれないものを

無理やりに矯正させた方が良いのか?

それぞれの程度、本人にしか分からないことを

周りが勝手に決めて良いのか?

 

 

時と場合によるー、そんな大人の思考 

子どもが悪いことをしたとき、

とことんまで叱り、泣かせたもの勝ちじゃないけど

ここまですれば反省して二度とやらないだろう、みたいな。

 

そう考えていくと、

成人するまでには回復するだろう、

と、あやふやに書かざるを得ないのではないか?

各々(外的・内的)要因・環境が違うのだから

すべてが一般的に見られない方が

((否定してるわけではありませんが)

息子は専門的立場から見てもらわない方が))

良いのではないか?

と思うようになってきました。