こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

緘黙(かんもく)って知ってますか?10(※うちの場合)

「階も違うし、いちいち見に行けないよ」

 

 

姉として弟の面倒を見てほしいのはやまやまですが、

学校だと、逆にからかわれたりするかもしれないし。

双方とも余裕がなくなっているわけなのですが。

 

 

f:id:tanonobu:20190403201400p:plain

 

入学式翌日は集団登校で近くにの公園へ。

そこで集まって自己紹介・・・奥さんが代弁。

それから近所の子どもたちと一緒に登校。

集団下校は帰宅のルートが同じ同級生と。それも2日で終了。

近所は同級生がいないので、

横断歩道を渡り、住宅街をひとりで帰るようになります。

当然ながら、終業時間が違うので娘と一緒には帰れなく

1時間も待つくらいなら、先に帰ってこいと。

 

 

と、自分が子どもの頃の集団登校(下校)

近くの広場に集まり(何なら家まで迎えに行くくらいの勢い)

数人の高学年が音頭を取っていました。

5年の副班長、6年の班長と歴任。

1列に並び、左側通行、賑やかでした。

今みたいに地域班、各所に大人は立っていませんが、

(PTAのところもありますが・・・)

春の風物詩みたいな感じで、

家の前から覗いてる人、声かけてくれる人。

2週間位?は早め、ほぼ一斉の下校時間。

運動場に集まってから帰る。運動会みたいですが。

 

田舎だからでしょうか?

今も地域によっては行っているのでしょうか?

 

 

 

・・・もしも道に迷ったりしたらどうやって・・・

 

一応は、他所を参考にして、

(声が出し辛いです)提示カード的なものを

ランドセルに挟んではいました。

連絡先等も全部書いている為、悪用されたら・・・

とかも考えましたが。

(そもそも知らない大人に話しかけられて、

それを提示する暇があるのか、という話ですが) 

 

昔の田舎みたいに通り道全部の人が知り合いー、

と言うわけにはいかず、

近所付き合いがあるのは、子どもがいる世帯の

ママさん同士、と言うのが多いのではないでしょうか?

近所には同級生がいないので井戸端会議もできず、

情報交換はたまに集まるイベント等の

ママさん同士が頼りとなっています。

スマホにしたのが最近なため、それこそLINE交流もできず、

昨今の遅れは身にしみて感じています)

 

→これが固定グループ化する原因でもありますが 

弊害等は遠くに放り投げる勢いで、

実際問題、これほど力強い存在は無いと思います。

 

(パパさんの会みたいな集まりに参加してる方にも

非常にお世話になっております)

 

と、少子化の折、そもそも子どもがいない地域があるんだから

子どもにお願いしての集団登下校はできなくなったー、

だったら親たちが立ち上がらないとー、

と、変わってきたのかもしれません。

(PTAの話にも繋げられれば)

 

「えっ、あの人がー、」

 

顔見知りの犯行だったとか、不安なニュースも多いです。

誰かを頼りたいのですが、それすらも躊躇してしまう。

リスクを追うくらいなら、送り迎えをすればいい、

それはせっかくの自立の芽を摘むことにならないか?

 

長女のときも同様でしたが、

たかだか学校に通わせると言うだけで

(本人たちは大問題なのですが)

いろんな葛藤が渦を巻いていました。

 

車に気をつけているだろうか

ちゃんと学校へ行っただろうか

学校では何もなかっただろうか

ちゃんと家へ帰ってるだろうか

 

 

クラスでの自己紹介。

・・・先生が説明しつつ代弁してくれたそうです。

大々的に発表、みんなどんな印象だったのでしょうか。

最初は物珍しさから寄ってくるかもしれないけど

友だち、ってできるんだろうか・・・

 

と、

長女のクラス替えが大外れ。

学校が面白くないと言い出す始末。

教室ではほとんどしゃべらないとのこと・・・。

(この辺も緘黙となる要因のひと欠片ではないかと思いつつ) 

 

学校が分かり始めた高学年、

「今から気の合うともだち探せば良いんじゃない?」

「ほとんど同じクラスから上がってグループできてるから」

仲の良かった子とはみんな違うクラス。

男の子、女の子のグループは違うとは言え、

兄弟揃って・・・

 

 

 仕事が手に付かない毎日となりました。