こじんてきしゅかん

育児、教育、ゲームなど日々を雑多に、へー、ふーん、くすっ、とするようなブログを目指しています。

まわるおすし:こどものしゅかんも

回るお寿司。

一昔前ならお得だったんです。でも、子どもが増えるにつれ、大きくなるにつれ、

食べる量が増えるに連れ使う金額も増えていく。当たり前ですが。

大人にするとお得感が薄れていくと言うか。

 

始まりはくら寿司。数えられないほど行きました。

くら寿司のついでに遊びに行くみたいな。

家族で遊びに行く場所の近くにあったりするし、びっくらポンもある。

家族連れが多いので、子どもが騒いでも(ある程度)理解がある。

蓋があるから清潔。注文品が専用レーンで流れてくるから早い。

が、

人多すぎ。休日はアプリ必須(どこもそうですが)

びっくらポンのため切りの良い枚数を食べてしまう。

サイドメニュー(デザート)の種類が多くて総額が増える。

まぁ、子どもが大きくなるに連れ、同じ場所で遊ばなくなったこと、

びっくらポンの景品に魅力を感じなくなった(騙されなくなった)こと。

 

 

次にはま寿司。お買い物のついでに寄れる場所。

平日は安いから長期休日のときが便利。

細いポテトがうまい。

が、

注文品が遅い(このご時世)&何されるかわからない。

ので流れているのも感じ悪いのが目立つ(ときもある)

(子どもからすると)お得感がない。メニューが少ない。

シャリがすごく少ない(気がする)

 初めては良かったけど物足りないと言うか何と言うか。

 1人で入って御飯食べるのはありなのでは?

 

それからスシロー。雑誌の回転寿司ランキングとか

偶然テレビで特集していたのを見てから。

初めて行ったときは2時間待ち。人超多すぎ(アプリ超絶必須)

注文品がちょっと遅いけど常にレーンにほしいものがある。

 ここのマグロは色が良い

 キャラがかわいい

 手巻きの袋とシールはきれいに持って帰る

 (下手すればシャーベットの入れ物も持って帰る)

 メニューが多い、店内がきれい うまいうまい等々

しまいにゃ、

長女「これはもうほかの回転寿司に行けないね!」

とのこと。衝撃だったみたいです。

 金額なりー、と言うわけでなく、

層に合わせた食べ物、金額の設定があるので幅広く楽しめると思う。

 

※と、大人にしてみればしょうもないことで、子どもがしょげていたので

 とりあえず店員に問い合わせしてみたところ、快く受け入れてくれました。

 (このご時世ですが)若い(バイトの?)お兄さんだったけど

 機転のきいた対応をできるのは親にとっても非常にポイントが高いです。

 

で、今はスシローがメインとなっています。

まぁ、金額はかさんできますがそれだけの価値があるような。

そしたら回らないお寿司に行けばー・・・

行ったこともあるんですけどそのうちに。ファミレスもまた。

 

子どもは外食できるだけで嬉しいもの。

 

5人で外食すると4000~6000円。大きな出費です。そしてお腹いっぱい。

これも辛い。電車乗り継いで帰るときは子どもも寝ちゃって大変です。

早めに帰れるとき(と言っても午後2時くらい)は、

スーパーなどで買って帰ったほうが(安くついて)いいような。

パックの寿司でも(味はまぁ同じくらいとして)10貫入って800円くらい。

値段ははま寿司と同じくらいだけど、シャリが大きいので

子どもたちはお腹いっぱいになる模様。それプラスデザート的おやつ。

大人はお酒でも買って金額も同じくらい。うちだから食べながらゆっくりできる。

まぁ、いつも子どもたちに却下されてますが。